邦ロックバンド、ナンバーガールの影響を受けない方が難しい件

スポンサーリンク

凛として時雨

裏声が特徴的な超絶3ピースバンド、凛として時雨もナンバガにがっつり影響を受けています。

こんな奇跡が鳴っていたことを知らなくていい理由なんて無いと思う。
たった1枚のCDが人生を変えることもあるんです。

TK(凛として時雨)

引用:universal-music.co.jp

凛として時雨のヴォーカルと作詞作曲を担うTKからも、15周年で熱いコメントが寄せられました。

初期は音が似ている

凛として時雨 侍・斬像・君ワラウ

この曲は自主制作で作成されたので、もうCDとしては売っていません。独自の音楽性を持った天才集団!と評価される凛として時雨ですが、初期のサウンドはナンバーガールに近かったのです。

NUMBER GIRL – 鉄風 鋭くなって

先ほど掲載した曲ですが一応もう一度…。かなりの影響を感じます。凛として時雨の方がメロディアスなので、そこに両者の差が出ていますね。

裏声とシャウトがTKの歌の特徴なのですが、初期の音源には今では絶対しないような泥臭いシャウト(2:00~)が入っています。これも向井秀徳の影響を感じる部分です。

先ほどのTKのコメントと照らし合わせて考えるなら、声が裏返ったような向井秀徳の歌い方を、TKなりの解釈で発展させたものが、彼の今のスタイルにつながったのかもしれません。

きのこ帝国

ベース以外がナンバガ好きなバンドです。ヴォーカルの佐藤千亜紀が様々なオルタナティブ・ロックに精通し、洗練されたノイズを鳴らします。

ギターのあーちゃんは田渕ひさ子の熱烈なフォロワーです。

Girl meets NUMBERGIRL

きのこ帝国 – Girl meets NUMBER GIRL

ナンバーガールへのリスペクトを感じる曲を発表しています。ベボベの小出も言っていましたが、邦ロックバンドの名前をタイトルに入れるのって珍しいですよね。

あーちゃんのギターはジャガーという種類で、田淵ひさ子の使うジャズマスターの後継機なのもリスペクトを感じます。どちらもかなり使いにくい欠陥ギターなので…。

あーちゃんはスティックで弦を叩く奏法を取り入れていたりするやべー奴なので、オルタナ好きは要チェックです。

ねごと

ジャズマスターを使っている女性ギタリストとして知られるもう一人のギタリスト、それがねごとの沙田瑞紀です。同バンドのサウンドを作っているのが彼女。

ベース以外が所属した前身バンドでは、ナンバガのコピーもしていたみたいです。ナンバーガール 15周年へのコメントにはベース藤咲佑のものが使われていたので、ねごとも全員ナンバガ好きだったみたいですね。

ギターだけやばい

ねごと – ループ [Official Music Video]

一瞬チャットモンチーを思わせておいて、衝撃的なギターが間奏で入ってきます。ほとんど塊みたいな不協和音は、恐らく田淵ひさ子の影響です。

(沙田瑞紀という人はかなりのオルタナ好きなようなので、曖昧なところではありますが…。)

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 8月号 [雑誌]
ギター・マガジン編集部
リットーミュージック

プロが投票したこの企画で、唯一ランクインした女性ギタリストが田渕ひさ子でした。影響力が伺えますね。もちろん向井秀徳もランクイン。

tricot キダ モティフォ

向井(秀徳)さんのテレキャスのジャキっとした音がカッコいいなと思い、向井さんのサウンドをもうちょっとふくよかな感じにしたものを目指してましたね。

引用:shop.fender.com

と語るのはtricotのギタリスト・キダ モティフォです。今でも目指すサウンドは変わっていないと語る彼女、向井の鋭角な音はマスロックを志すtricotにマッチしたのでしょう。

(向井も今は特殊なマスロックをやっています。)

ジャキジャキしたサウンド

tricot『おちゃんせんすぅす』MV

先ほどBase Ball Bearの項で書いたギターの硬質な音は、このような形でマスロックにもハマっていきます。使っているのは特注のオリジナルギターらしいですが。

スポンサーリンク

今はchon/TTNG/polyphiaら海外の超絶バンドと全米ツアー中の彼女たち。日本産の硬質な音をアメリカに広めている頃でしょう。

cinema staff

三島:高校の途中くらいからNUMBER GIRLを聴いて、「歌なんてちゃんと歌うなよ!」みたいに考えてたところはあったと思います。すごく影響されてて、「お前はシングルコイルのギターを使え」とか「お前はテレキャスターにしろ」とか、いろいろメンバーに強要してました…今考えると完全に勘違いなんですけど(笑)。

引用:cinra.net

と語るのはcinema staffで曲作りの屋台骨になっているBa.三島です。ポストロックに影響を受けた音になっているので、外から聴いていてナンバガの残り香を感じるのは難しいですが…。

こんな感じです。

cinema staff 「great escape」MV(TVアニメ「進撃の巨人」後期EDテーマ)

ナンバーガールの影響を受けたと公言していますが、外から聴いた分には分かりづらいですよね…。間奏は少しぽいかな?と思います。

コメント

  1. 応仁の乱 より:

    復活してしまったなナンバーガール。。。

  2. ぶなしめじ より:

    最近売り出し中のバンド、ネクライトーキーもナンバーガールの影響を強く受けてるバンドです。歌詞の中にも「だけじゃないbaby」の中にもナンバーガールという歌詞が出てくるし、「ぽんぽこ節」のMVは「鉄風鋭くなって」のMVの扇風機をたぬきに変えて作ったと、ギターの朝日さんが言っていました。作詞作曲の朝日さんがナンバーガールのファンらしく、曲にも影響が感じられます。

タイトルとURLをコピーしました