お洒落なアルバムジャケット50選 マスロック・ポストロック編

21.The cabs

素敵なファンタジー感

今はKEYTALKで活躍している首藤が、ベースボーカルをしていた邦マスロックバンド。最高です。続けてほしかったなぁ…。

MVも味があります。

22.Sigur Rós

時には野生に

一番有名なポストロックバンド。アイスランド発で世界に旋風を巻き起こしました。最高のジャケットですよね。楽しそう。これは老若男女好きになります。

23.Hella

共産主義感

Hellaはアメリカの2人組マスロックバンド。ギターとドラムが、ベースがいないことで失われた低音をどう補うのか…。まさかの連打で補うのでした。ジャケットはなんだか共産主義風味で味がありますよね。こういうの好きな女子も探せばいるのでは?

24.Lop Abuse On Somebody

怖いくらいの青

関西初のマスロックバンド。毎回濃い目の塗りのジャケットです。このバンドでベースをされていたミクという方の作品です。

美しい青の世界

青の使い方が特徴的なので、同じ人が書いたってわかりますね!

25.Balmorhea

花らしきもの

アメリカはテキサスのポスト・クラシカルバンド。最高に良い曲を書きます。そして女子が好きそうな色味ですよね。花っぽい。

26.Chon

綺麗な禍々しさ

綺麗なフレーズと驚きの展開を作る天才集団・Chon。まさかチョンと呼ぶとは思いませんでした…。またもやアメリカです。母数が多いですね。

27.Helios

版画風で美しい

ポストロックと隣接するエレクトロニカのミュージシャン。米国発。美しい楽曲を書く天才です。彼らしい綺麗なジャケットですね。

28.Sleeping Bear

もう勘弁してくれよジャパン!

ウクライナの首都キエフのポストロックバンド。いまいち音源はピンと来なかったんですが、アルバムジャケットがジャポニズムで惹かれました。

29.Vysoké Čelo

ヨーロッパの色使い

ポストロックっぽいサウンドですが、ドラムがいないのでアンビエントでしょうか。ポーランドの2人組で、やたらハッピーな音が突然入ってきたりして不安になります。ジャケットも曲もスペーシーですね。

30.Dirty Three

馬のコンセプトアルバム

オーストラリア発のヴァイオリン・ギター・ドラムという変わった編成のポストロックバンド。ヴァイオリンはパリに、ドラムはニューヨークに、ギターはオーストラリアに住んでいるので、ライブが見れたら超ラッキーというバンド。

スポンサーリンク

そのバイオリン使いや息を呑む美しい旋律、そして狂ったパフォーマンスが魅力のバンドだ。

パフォーマンスがヤバい

かなりの衝撃映像なので心して見てください。ネタバレはしないでおきます。

コメント