あなたの知らない邦楽ソウル/R&B/HIPHOPの期待の新星たち

邦楽ブラックミュージック界に表れた若手インディーズバンドを紹介、全部知ってたらすごい!
スポンサーリンク

ブラックミュージック真っ盛り

King Gnu – 白日

インディーシーンにおけるceroの流行から5年。CMソングとなったSuchmos「Stay Tune」やドラマ主題歌に起用されたKing Gnu「白日」、甲子園のテーマソングとなるOfficial髭男dism「宿命」など、ブラックミュージックが地上波でも流れるようになっている。

ここまではインディーシーンをメジャーが追うという、良くある話だ。しかし長く続くブームは、時に傑物を生み出す。今のインディーR&B界隈ではどんなバンドやミュージシャンが生まれているのか。まだ知名度は高くないが、非常に強い個性を持った人たちを紹介していく。

the engy

the engy – Touch me

強いビート感に導かれるように展開する楽曲と、日本人離れしたVo.山路洸至の声。京都出身の4ピースバンド・the engyの武器はこの声と、リズムを支える確かな技術である。まずは最後まで聴いて見てほしい。よくあるお洒落なバンドかと思いきや、思いがけぬ熱さを僕らは目撃する。

the engy / Under the water (Official Video)

ドラムを務めるさかゐゆうとは、元々3ピースマスポップバンド・宇宙コンビニに所属していたこともあり、その実力は関西で知られている。何か一つタイアップが決まれば、爆進すること間違いなしのバンド、今の内から目を付けておこう。

Kroi

Kroi – Suck a Lemmon [Official Video]

メンバー全員が20前後という若さで熱いソウルをかますのは、東京在住のHIPHOP/R&Bバンド・Kroi。モータウンを思わせるオルガンのフレーズは、彼らが何を吸収し、これまで活動してきたのかを伝えてくる。

ライブではチルなサウンドから、プログレッシヴな楽曲まで飛び出すKroi、なんと唯一のMVが2000回再生であるにも関わらず、SUMMER SONIC 2019への出演が決定した。誰でも応募できるルーキー枠だからこそ、3900組のライバルを超えてきた実力は折り紙付きだ。まだ彼らの魅力を閉じ込めた映像はYouTubeに公開されていない。だからこそ、その眼と耳で確かめてみてほしい。

Nao Kawamura

Awake

どこか宇多田ヒカル的な雰囲気を感じさせながらも、そのスピリチュアルなサウンドと前のめりのグルーヴで独自性を生み出す令和のディーヴァ・Nao Kawamura。ブラックミュージックを主軸に据えながらも、様々なジャンルの影響を受けたカラフルな世界が魅力的だ。

I don't wanna talk / AmPm feat. Nao Kawamura (Lyric VIdeo)

その声はブラックミュージック界隈からも信頼されており、Suchmos / SANABAGUN. / AAAMYYYの音源にコーラスとして参加している。またフィーチャリング参加したAmPm「I don’t wanna talk」がストリーミングで多数再生され、海外で知名度を上げた。昨年リリースされたフルアルバムに遺憾なく詰め込まれた、スピリチュアルで色彩豊かなブラックミュージックを、その香り立つアルバムジャケットと共にぜひ味わっていただきたい。

Black petrol

こちらも平均年齢20代前半の若手バンド。京都で生バンドHIPHOPを鳴らすBlack petrolのライブでは、高い演奏力の上に2MCによる熱いラップが乗ってくる。この音質でも伝わるサックスの上手さ。

Dragon Ash/RIZEで超絶技巧を見せつける京都在住ベーシスト・Ken Kenには既に発見されているようだが、まだまだ知名度が高いとは言えないバンドだ。音源未リリースのため、まずはTwitterのフォローから初めてみよう。

おわりに

これからのブラックミュージックバンドをいくつか紹介させてもらった。時代の波に乗りつつも、独自の表現を持った彼らを、今の内から聴いておいて、その成功の喜びを分かち合おう。

気になったバンドは発見次第、このページに追加していくので、たまに見に来てくださいね。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました