盆踊りのミクスチャーが、日本魂を揺さぶってくる

盆踊りは魂を揺さぶる。

あの音が遠くから聞こえるだけでもちょっと楽しくなるし、爆心地なら勝手に体がリズムを取ってしまう。

日本の夏の風物詩である盆踊りだが、実は色々な音楽と融合を果たしている。そしてそのどれもが、リズムに重点が置かれた音楽になっていてカッコいい。いくつかご紹介しよう。

スポンサーリンク

この世賛歌/TURTLE ISLAND

ジャンル分けできない音楽。それぞれが自分のバックボーンを持ち寄って、盆踊り会場に集結したみたいだ。

たくさんのリズムが重なっていて、強制的にノラされる。こんなん夏フェスとかで聴けたら最高だよな。あのライブ会場を蠢くワラの船みたいなやつがなんなのか知りたい。

半透明少女関係/ZAZEN BOYZ

有名どころでこの手法を使っているのは、ZAZEN BOYZではないだろうか。元NUMBER GIRL・向井秀徳率いるバンドで、リフに和の音階が使われていることも多い。

「半透明少女関係」ではじわじわ祭りっぽい雰囲気が高まっていき、5:15~で完全に盆踊りになってしまう。

スポンサーリンク

そのリズムに乗せられるのは盆踊り的歌唱ではなく、向井秀徳独特のラップである。彼がいたらどんな癖の強い音楽も「ZAZEN BOYZらしさ」として昇華されてしまう。何と混ぜても薄まらないほど個性が強いのだ。

マツリビートの応酬で、ステージ前はみんな踊り狂っている。夏フェスと盆踊りって親和性高いよね。そもそも似たようなもんだしね。

金属音×民族

金属を殴ってるみたいな向井のギターは、盆踊りと不思議に相性が良い。思えば彼はNUMBER GIRL時代から、その方向性を模索していた。

ラストアルバムの名前は『NUM-HEAVYMETALLIC』意識的に融合を目指していたことが伺える。公式の謳い文句もその路線を押し出していた。

今までの鋭角サウンドにプラスして、祭囃子的ビートやダブなどのアプローチでバンドの新しい方向性・新機軸を打ち出した3rdアルバム

引用:universal-music.co.jp/

このアルバムがどう考えても一番狂っていた。画像がリンクになっていて、試聴出来るので興味のある方はどうぞ。

コメント