【失恋・片思いソングの隠れた名曲】オススメ19選をマニアが紹介

失恋。多くの人が経験する人生の一大事である。多数のミュージシャンが失恋にまつわる曲を発表してきたが、インターネットでは限られたヒット曲しか取り上げられてきていないように見える。そんな状況を何とかするため、誰でも知ってる曲を除いた失恋ソングの隠れた名曲をここに発表したい。ぜひ一番下のコメント欄にあなたの中のNo.1失恋ソングも書いて行ってください。
スポンサーリンク

失恋ソングを分類

失恋ソングには次の4つのパターンがある。

  1. フラれた直後で、未練がある
  2. フラれて時間が経っている
  3. フル側である
  4. 「失恋した自分」を客観的に見ている

失恋後のどの時点から振り返っているのかで、1→2へと進行していく。直後なら未練がかなりあり、数年後から振り返る曲なら未練は断ち切られている。例えばスピッツ「チェリー」は、かなり過去の失恋を振り返っているのか、一見すると失恋ソングであることを見落としそうになる仕上がりだ。

またこの他に、失恋とテーマが近い、片思いソングというものもある。それぞれの良さを隠れた名曲を元に聴いていこう。

「フラれた直後で、未練がある」失恋ソングの名曲

別れた直後の方が聴くときっと染みるのが、この分野の曲の特徴だ。

君が誰かの彼女になりくさっても/天才バンド

天才バンド / 君が誰かの彼女になりくさっても
衝撃的な言葉選びと、心に染み入る歌声で作り上げた失恋ソングの巨塔

CMソングなどでも活躍するVo.奇妙礼太郎が唯一無二の声を通じて歌うのは、別れた彼女へ残る愛。「なりくさっても」という言葉選びの衝撃。「君の未来に僕はいない 僕の未来に君はいない」と突き刺さるフレーズが続く。天才バンドのメンバーであるSundayカミデ(Key.Ba.)が2009年に、しゃかりきコロンブス名義でリリースした楽曲のカバー。リアルな感覚に貫かれた、失恋ソングの大名曲だ。

あいつの犬/松本千夏

Chinatsu Matsumoto – Aitsu no Inu (Official Music Video)
別れた相手への想いを、元カレの飼い犬に向けて歌う着眼点が新しい失恋ソング
東京出身シンガーソングライター・松本千夏が歌う失恋ソングは、元カレの飼い犬へと語り掛ける新しい失恋ソング。犬へ向けられた想いのスキ間で、ぽつりぽつりとこぼれる元カレへの気持ち。後に紹介するさとうもかとは対照的に、松本千夏はサビで「家族だって思ってた」と歌う。失恋の形は百人十色だ。

お別れの歌/never young beach

シティポップバンドがロックサウンドを繰り出した異色の失恋ソング

良質なシティポップを作ってきたnever young beachが、ストレートな言葉とサウンドで世に出した異色の楽曲。ロックサウンドと「2人だけの秘密は全部 日々に溶けたよ」というフレーズのギャップが美しい。普段お洒落な曲をリリースしているだけに、いつもとの違いにやられた。MVの前半では小松奈々と付き合っている気分にさせられる動画が3分半も続くという構成も新しい。

キッチン/星野源

彼女が作った料理を捨てられずにいる男の、複雑な感情が浮かぶ1曲。

別れの翌日、キッチンで寝ている自分に気が付く、鼻をくすぐるのは彼女が残していった料理の香りだ。全てが変わってしまったのに、香りだけが残っている。男は料理を捨てられずにいる。そのときの感傷も、いつかは時間の流れと共に忘れ去られてしまう。「自分の中で薄れていく失恋」の切なさすら歌にした、星野源 初期の名曲

YouTubeにアップロードが無いため、各種サブスクもしくはCDで確認してほしい。

恋なんて/羊文学

恋なんて
別れの瞬間から始まる怒涛の曲展開が印象的な失恋ソング。

オルタナティブなマナーに則った楽曲が印象的な3ピースバンド・羊文学がリリースした別れの1曲。1度目のサビの後の、たくさんの言葉がは吐き出される怒涛の展開が沁みる。生活感のあるフレーズから、概念の世界へと羽ばたいていく曲展開。立体的に失恋を描き出す詞が秀逸だ。

バラ色の日々/MOROHA

MOROHA「バラ色の日々」MV
映画のようなMVと、MOROHA独自の語りが形作る現在進行形の感情。

異色のアコースティックHIPHOPデュオ、MOROHAが送り出したリアルな失恋ソング。映像作家・エリザベス宮地が元カノとの間で2年間で撮り貯めた写真・映像が使われているドキュメンタリー作品がPVになっているだ。自分の恋を振り返るこの作品を発表するために、映像作家自らMOROHAに声をかけたという。失恋の先で新たな出会いがあるからこそ「それが悲しくて今 泣いてる」という詞のリアリティーに触れてほしい。

ごめんね/マイアミパーティー

マイアミパーティ "ごめんね" (Official Music Video)
バンドマンとして、等身大の自分を歌に変える。別れた彼女への思いを綴った1曲。
札幌出身のバンド・マイアミパーティーが出した「ごめんね」は、明確に元カノへ向けて歌われた楽曲だ。元カノとの間で色々なやりとりがかわされてきたことがリアルに伝わってくる、地に足のついた失恋ソング。自分の失恋を歌詞にしていることへの自虐もバンドマンならではだ。ディレイの効いたオルタナティブなロックサウンドが疾走する間奏、ポストサンボマスターともいうべき熱量を浴びる。

「フラれて時間が経っている」失恋ソングの名曲

別れたあと、立ち直っていく自分を描くのが、この分野の特徴。もともと失恋ソングはここに分類される曲が多い印象で、槇原敬之の「もう恋なんてしないなんて、言わないよ絶対」というフレーズや、つじあやの「風になる」で再び恋をし始める主人公などが印象的だ。

染まるよ/チャットモンチー

チャットモンチー 『「染まるよ」Music Video』
伝説の3ピースガールズバンドが世に出した、タバコの煙が目に染みる中で、失恋を乗り越える名曲。
2008年にリリースされた、チャットモンチーの失恋ソング。タバコを彼氏とのすれ違いの象徴として、あるいは相手を思い出す装置として、効果的に取り入れている。ギター・ベース・ドラム、3人だけのシンプルな演奏。歌詞もフレーズも、全てが無駄なく構成された邦楽ロックの金字塔。

あたたかな手/ハンバートハンバート

失恋から何年も経ったが、寒い冬が来るたびに相手を思い出す。曲展開がドラマティックな1曲

筆者的にはNo.1の失恋ソング。夫婦デュオ・ハンバートハンバートがアルバム『家族行進曲』の中で発表した楽曲だ。いつもの些細なケンカが思いがけず別れに繋がって、その後寒い季節が来るたびに、別れたあの日を思い出す。YouTubeでは上記のアコースティック版のみだが、各サブスクで聞けるCD音源では、後半に4回の転調を差し込んだ衝撃的な展開の曲になっているため是非そちらも聞いてほしい。

Spotifyはこちら

「フル側」の失恋ソングの名曲

最近ではフル側の気持ちに寄り添った、あるいはフルことを肯定するような楽曲を発表するシンガーも現れている。

melt bitter/さとうもか

さとうもか – melt bitter sato moka Music Video
岡山のシンガーソングライターが世に出した、ポップと切なさが同居する、フル側(あるいは合意で別れる系)失恋ソング。

サウンドのポップさと裏腹に、恋愛のシビアな現実について歌われた楽曲。

私たちは運命だと本気で思い込んでたけど 本当は長くいたから似てきてただけ

作詞・作曲 さとうもか「melt bitter」

この歌詞に込められた実感と、それでも消えない思い出の間で揺れ動く心理描写。感情があふれ出すように多くの文字が詰め込まれているが、それらをポップなフレーズに昇華させる、さとうもかの非凡なセンスにも注目してほしい。

Love Buds/さとうもか

Love Buds / さとうもか Music Video
「別れ」を後押ししてくれるネオ失恋ソングの傑作
「間違ってないよ」から始まるさとうもかのメジャーデビューシングル。恋人としての適性と、家族としての適性は違う。その相手とは家族にならないという決意を後押しし、「別れ」を決意させる新しい失恋ソング。Budsは「つぼみ」という意味で最後のフレーズ、2人はつぼみとして仲良くしていたけど「同じ花じゃなかった」へと接続する。昨年話題になっていた『花束みたいな恋をした』という映画を思い出させるような、前に進むための別れを肯定する楽曲だ。

「失恋した自分を客観的に見る」の失恋ソングの名曲

新しい失恋ソングの中には、失恋した自分を客観的に見ているような、大人のリアリティーに満ちた楽曲もある。

33歳のエンディングノート/大比良瑞希

大比良瑞希(Mizuki Ohira) – 33歳のエンディングノート(Ending Note of 33years old) Official Music Video Full Version
大人の失恋をリアルに歌い上げた衝撃的な歌詞の失恋ソング

宇多田ヒカルを彷彿とさせるR&B調のビートの上で、「正社員」の彼との恋の終わりが歌わっている。彼を気に入っていた母親に謝っていたり、残していったシェーバーを処分していたり。今までの失恋ソングにはなかったリアルな詞。等身大の33歳をクールに作品へと昇華させた異色の失恋曲だ。

恋の顛末/ハンバートハンバート

ハンバート ハンバート "恋の顛末" (Official Music Video)
自分で恋を始めて、自分で恋を終わらせてしまう。そんな自分と向き合う失恋ソング
失恋と向き合う。夫婦デュオ・ハンバートハンバートが歌うのは、冷めていく恋の顛末(てんまつ)。恋が始まった瞬間から、その終わりを想像している。何度も繰り返すことで、自分の恋の終わりを客観的に見れるようになってしまっている語り手の悲しみ。何度も始まっては終わっていく恋愛の切なさを、フォーク調の情緒で歌い上げる心地よい楽曲。ドラマ『僕の姉ちゃん』OP。

タイムリミット/クラムボン

Re-Time Limit (2016 remaster)
取り戻せない時間。口に出してしまった言葉。手作り感のある楽曲の上で丁寧に積み重ねられたフレーズの美しさ。

切ないサウンドに乗せて歌われる、時間の残酷さ。誰もが経験する「言いのこしたこと」「やりのこしたこと」も、もう取り戻せない。サビの度に少しずつ変わっていくフレーズが、ゆっくりと胸の内に入ってくる。相手との恋愛事情ではなく時間に着目することで、非情だけれども厳しい現実を明らかにする。1995年結成の3ピースバンド・クラムボンが、1999年にリリースした楽曲「タイムリミット」のセルフカバー版。

片思いソングの名曲

次にそもそも恋愛関係になっていない、片思いを歌った曲をご紹介していきたい。片側からの恋愛感情という意味では、失恋ソングと同じ心境を歌ったものも多くある印象だ。

SUNDAY/シュウタネギ

シュウタネギ – SUNDAY(Official Music video)
気だるい日曜日に、想い人のことを考えるチルな一日を、心地よいメロディーとリズムで表現。

京都で活躍したバレーボウイズの作詞作曲とボーカルを務めていたシュウタネギのソロ作。チルなリズムは多くの感情を語らないが、一方でその肌寒い気温を想像させるようで、聴き手にリアルな片思いの質感を感じさせる1曲になっている。またこの曲は聴きようによっては、失恋ソングなのかもしれない。

横顔しか知らない/ハンバートハンバート

Humbert Humbert – Yokogao Shika Shiranai [Official Music Video]
好きな人の電話をかけることも、家を訪ねることも上手く出来ない自分。そんな姿が愛しくなる切ない名曲。

ハンバートハンバートが15周年記念アルバム『FOLK』にて2016年に発表した新曲。どこか携帯電話が普及する前の恋愛を思わせる、不思議な情景である。思えば昔は、想い人と連絡を取る方法も限られていた。その頃、人はどうやって知り合って、互いに中を深めていってたんだろう。フォーキーな曲調がセピア色の片思いを想起させる。

あいのうた/安藤明子

あいのうた 安藤明子
嫌いじゃないなら、好きかもね。そんな一節が、片思いの実感が生まれる前のあいまいな感情を表現する。

京都でよい曲をリリースし続けてきたシンガーソングライター・安藤明子の「あいのうた」。声質や発音、ギターの音色。全てが彼女の世界を形作る。片思いの前夜を表現するという新しさもありつつ、「あなた」との微妙な関係性も表現し、どこか懐かしさで満たされる1曲。

スパイダー/スピッツ

スピッツ / スパイダー
草野マサムネの独自の世界観で歌われる、激しい片思いを抱く自分をクモに例えた隠れた名曲。
ご存じスピッツの隠れた名曲で、非常にロマンティックでキャッチーなサビが特徴的だ。しかしこ曲、どうも一方向からの視線しか感じない。地下室のクモは「君」を見ている、では「君」は地下室のクモの事に気づいているだろうか?かなり一方的で激しい恋愛感情を歌っているのではないかと思う。きっと自分は「君」のことを良く知っているが、「君」は僕のことを良く知らないのだろう。そんな関係性を感じさせる1曲。

後悔/柴田聡子

柴田聡子 – 後悔 (Official Music Video)
明るい曲調なのに「後悔」という曲名。一夜のあまりにも楽しかった思い出が、その先に進まなかった恋の後悔へと着地する、言葉選びが素晴らしい1曲。
シンガーソングライター・柴田聡子が描き出す、ロマンティックなのにどこかリアルな一夜の思い出。特にラストサビの、どちらが一歩を踏み出すかという駆け引きの中で、結局どちらも踏み出さずに終わってしまう切なさは、やはり現実の恋愛なのである。

おわりに

今回は失恋ソング・片思いソングをいくつかご紹介した。失恋・片思いを歌うことは、一人一人の個人的な思い出を、どれだけリアリティーを持ってリスナーに届けるのか、というところでミュージシャンそれぞれの詩的感覚が光る。タバコで別れた彼氏を思い出したり、料理で別れた彼女を思い出したり、こういった失恋の経験はみんなに共通する思い出じゃないのだが、まるで自分が経験したことのように感じさせられる。そんな曲を聴くとき、僕らは自分の事のように失恋を追体験し、歌声が胸を打つ。

ぜひ皆さんの好きな失恋ソングも、下部のコメント欄に残していってください。それでは。

『エターナル・サンシャイン』の謎に迫る考察_二人のその後について
2004年にアカデミー脚本賞を受賞した名作ロマンス・SF映画『エターナル・サンシャイン』。複雑な物語に迫る考察。
今回の失恋ソング特集で思い出したのは「エターナルサンシャイン」という映画。失恋の辛さが耐えられなくて自分の記憶を消してしまう男女の物語なのだが、自分の記憶を消す過程で想定外の展開に…?

コメント

  1. 笠井 有 より:

    失恋ソング?槇原敬之「もう恋なんてしない」一択!

タイトルとURLをコピーしました