『ツインボーカルフェス2020』が開催決定、あなたは誰が好き?

シナリオアートが昨年に引き続き『ツインボーカルフェス2020』を開催決定。そもそもツインボーカルのバンドやグループってどんな人たちがいるのか、その魅力とは?
スポンサーリンク

ツインボーカルフェス2020

 

この投稿をInstagramで見る

 

Iyo Yamaura(@iyo_yamaura)がシェアした投稿

メインヴィジュアル、Iyo Yamauraさんが製作

独自の世界観を持つ儚いロックを打ち出してきた3ピースバンド・シナリオアートが、2019年に引き続きツインボーカル限定の音楽イベントを開催。

2020/2/2 ()に渋谷WWW Xにて開催される『ツインボーカルフェス 2020』

まだ出演者は未発表だが、去年の4組より多いとのこと。皆さんは誰に出演してほしいでしょうか?ツインボーカルのグループやバンドについて、いくつかご紹介しよう。

シナリオアート

シナリオアート[アダハダエイリアン]MV / Scenarioart[Adahada Alien]

今回のイベントの主催者・シナリオアート。滋賀から世に出た3ピースロック・バンドで、この「アダハダエイリアン」を聞いていただければわかるように、独自の世界観と技巧的な楽曲、そしてそれらを儚く彩る男女ツインボーカルが特徴的なバンドだ。女性ドラムボーカルというのも珍しい

静かなギターボーカル、よく喋るドラムボーカル、二人を見守るベースという3人のバランスの良い関係性は、ライブからも垣間見える。タイトさと浮遊感、相反する二つの特徴をまとめたような楽曲にも、そのバランスが表れているようだ。

モーモールルギャバン

サイケな恋人/モーモールルギャバン

京都発・3ピースロックバンド・モーモールルギャバン儚いオルガンの音色と、柔らかい女声ボーカルが、突如男声ボーカルの熱情に連れ去られる。曲名通りのサイケデリックな音使いと、生粋のライブバンドらしいダイナミズムに満ちた展開。彼らの魅力が詰まった代表曲「サイケな恋人」ぜひとも最後までお聴きいただきたい。

モーモールルギャバン / 7秒 【Music Video】

儚さとシュールさという、ある種バランスの悪い2つを組み合わせたモーモールルギャバン。彼らの魅力は、男女ツインボーカルにギターレス3ピース(ドラム・ベース・キーボード)という特殊な編成によって生まれている。混声の良さが感じられるバンドだ。

ハンバートハンバート

「メッセージ」 ハンバートハンバート

夫婦フォーク/カントリーデュオ・ハンバートハンバート。民謡のようにのびやかな女声ボーカルと、フォークに精通する男声ボーカルの心地よい低音。すべての空間を祝祭に変えてしまうような幸せな楽曲から、心の奥底にかかえる欺瞞や矛盾、不安や葛藤を明らかにするような、一度聞いただけでは飲み込み切れない楽曲まで、人生のあらゆる場面で聴いていきたいと思えるデュオだ。

Humbert Humbert – Ganbare Niichan [Official Music Video]

3人の子供を持つ夫婦として、2019年は平日しかライブをしない(自分たちやスタッフが子供の運動会などへ行けるよう)、という画期的な試みをしたことでも話題になった。子供を思って書いたのかな?と思える楽曲も多い。ハンバートハンバートも独自路線を進んでいる。

メシアと人人

メシアと人人 "悪あがき"

京都発のツーピース・ツインボーカルバンド。やけっぱちのような男声ボーカルが語る言葉が、胸に突き刺さる。息の詰まる苦しさの中で、美しい悪あがき。最小の編成だからこそ、ストレートに、心が伝わってくる気がする。Lo-Fiなサウンドには、海外オルタナの影響も強く見て取れるが、この力強さやある種の身近さに、かなり強い個性を感じる。

BROTHER SUN SISTER MOON

BROTHER SUN SISTER MOON – Numb (Official Video)

大阪発・兄弟混声インディポップバンド・BROTHER SUN SISTER MOON。まだ音源未リリースの状態ながら、Synchronicity ‘19やNEWTOWNなどの都市型イベントにブッキングされ、徐々に知名度を上げつつある。兄弟でツインボーカルというだけでもすごいのに、どちらも個性的な声である。国外のインディポップを下敷きにしながら、高いレベルで完成させている。まだ動き出したばかりだけど、先が楽しみなバンドだ。

去年の出演者は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukiko Kerorin Tanaka(@musikerorin)がシェアした投稿

昨年の画像、チケットはSOLD

ツインボーカルフェス2019の出演者がこちら。先述したモーモールルギャバンに加え、

【2/1 ON SALE!!】東京カランコロン「トーキョーダイブ」

ポップでキャッチー、カラフルなエンターテインメントを実現してきた5人組ロックバンド・東京カランコロンと、

Special Favorite Music – Ceremony(Official Video)

ダンスビートと優しい歌声が特徴的なシティポップバンド・Special Favorite Musicが出演。

おわりに

 

この投稿をInstagramで見る

 

Iyo Yamaura(@iyo_yamaura)がシェアした投稿

当日販売されるTシャツの刺繍、メインヴィジュアルと同じくIyo Yamauraさんが担当

こうして見てきたように、ツインボーカルのバンドやグループは、声以外にも色々な個性を持っているようだ。であれば『ツインボーカルフェス2020』は、様々な音楽性の混ざり合う、カラフルなイベントになることは間違いない。King Gnuとか、今きたらやばいだろうな。

かなり前のシナリオアートファングッズ・サイン入り

なんにせよシナリオアートのファンとしても、ツインボーカル好きとしても、イベントの成功を願っています。皆様のおすすめツインボーカルバンドやグループについては、下のコメント欄にお願いします。それでは!

コメント

  1. まーさん より:

    チョコレートちょうだい
    Magic, Drums & Love
    Youmentbay
    YOKOYURE
    AOI MOMENT
    立ち耳スコティッシュフォールド

    とか観たいです。

タイトルとURLをコピーしました