MAN WITH A MISSION 「Remember Me」はマンウィズらしからぬ聴きやすさ

新曲が出ると言うことで、久しぶりにMAN WITH A MISSIONを聴いた。
デビュー当時の「FLY AGAIN」や「NEVER FXXKIN’ MIND THE RULES」は熱心に聴いていたのだが、気づけば僕の心はあの狼達から離れていた。

と言うのも、僕にはこのバンドの楽曲はどうにも“聴きづらかった”のだ。

その理由ははっきりしている。邦楽ロックファンの僕からすると当時の彼らの楽曲は“邦楽のテンプレ”に乗っ取っておらず、よくも悪くも大衆ウケとは遠いコアなファンむけの音楽だったのだ。その風貌の格好良さと話題性から入った人ファッションロックファンは付いて行けず途中で離れてしまった。

ところが、今回の新曲。「Remember Me」を聴いてみると…あれ??これ本当にマンウィズ??あの時感じていた“聴きづらさ”がない。めっちゃ聴きやすい。コアなファンでなくとも受け入れやすい曲となっていた。

今回はそんなMAN WITH A MISSIONの新曲とその変化について。

スポンサーリンク

MAN WITH A MISSIONは洋楽に近かった

なぜこれまでのMAN WITH A MISSIONが聴きづらかったのか。その答えは上記の通り“邦楽のテンプレ”とは違う作りになっていたからだ。

邦楽と洋楽の違いと言うのはめちゃくちゃはっきりした点が一つあって、Aメロ、Bメロ、サビのように、決まったところで決まった曲調で作られている。サビの前に一度落ち着かせてサビで爆発させる。曲を通して聴いたときにあくまでサビがメインであり、それ以外の部分はサビを際立たせるような作りとなっている。これが“邦楽のテンプレ”。

Mr.Children「名もなき詩」Mr.Children "HOME" TOUR 2007 ~in the field~
めちゃくちゃわかりやすい“邦楽のテンプレ”の例

これが基本的な“邦楽のテンプレ”である。日本のヒット曲はほぼ間違いなく“邦楽のテンプレ”に則っている。

一方、洋楽にはそういったテンプレはない。日本でヒットする洋楽は“邦楽のテンプレ”で作られていることは多いが、それ以外の曲ではどこでどんな曲調にするかは完全に自由。どこがサビかもわからないどころか、サビすらない曲も多い。だから日本人にはどこで盛り上がっていいのかわからず、洋楽は聴きづらく感じるのだ。日本人アーティストが海外で成功しずらいのもこういったことが原因。海外ロックファンと邦楽ロックファンが分かれるのは言語よりもこれが原因だ。

狼達は人間バンドが売れに売れた後に目指すように、獣のくせに海外志向が強かったようで、ほぼ全ての曲で“邦楽のテンプレ”をある程度無視した作りとなっていた。

MAN WITH A MISSION – My Hero

サビどこ??動画のコメント欄を見ても外人のコメントが目立ち海外でウケていることがわかる。

最初その風貌と理解しずらい音楽のかっこよさから大きな話題となったが、少しずつその“聴きづらさ”から離れてしまったファンも多いかと思う。もちろんそれ自体がMAN WITH A MISSIONの格好良さの要因の一つでもあるのだが…。

新曲『Remember Me』はかなり邦楽チックな曲

僕自身も邦楽ロックに耳を慣らされた邦楽ロックファンなため、MAN WITH A MISSIONから離れてしまったのだが、今回の新曲を聴いてみると、あ…あれ??あの時の聴きづらさが…ない??

MAN WITH A MISSION 『Remember Me』

アニソンを思わせるようなキャッチーなイントロ。日本語メインの歌詞。受け入れやすい優しい歌い方。明確に分けられたAメロ、Bメロ、一旦落としてからのサビ。あれ??これただの邦楽ロックじゃん。

こんなんあのワイルドなマンウィズじゃない。狼じゃない。完全に人間。優しい。ヤンキーが雨の中の捨て犬に傘をさしてあげるような曲調。ずるい。ギャップ萌え。

難解で聴きづらいMAN WITH A MISSIONはもういない

よく「インディーズで売れたバンドがメジャーに行くと変わる」なんて言うけど、それは結局日本人の大衆に合わせるには上記の通り“邦楽のテンプレ”に合わせないといけなくなるからだ。それまで自分たちの好きな音楽をやってきたバンドでも、届ける人数によってどうしても多くに届きやすい曲調を選択せざるを得なくなる。

つまり、日本のバンドであれば売れれば売れるほど“邦楽のテンプレ”に当てはめざるを得なくなるのだ。

今回の「Remember Me」。ドラマ「ラジエーションハウス」の主題歌と言うこともあり、意図的に作り方を変えているのかもしれないが、これはMAN WITH A MISSIONの変化なのか、それとも今回だけのドラマのために作った曲なのか?

久々にMAN WITH A MISSIONを聞くには受け入れやすい一曲

と言うことで、MAN WITH A MISSION の新曲「Remember Me」。とても聴きやすい邦楽ロックになっている。いい意味でも悪い意味でもMAN WITH A MISSIONらしくない一曲と言える。

彼らを知るきっかけの曲としてはいいかもしれないが、こう言う曲を期待して過去作を漁るとかなり違う曲調に驚くかもしれない。次回作以降の曲はどうなるのかにも注目したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました