【大石昌良/オーイシマサヨシ】〇〇に影響を受けすぎた使用機材とは??

アコギを弾きながら歌う超絶シンガーソングライター・大石昌良の使用機材について本人が語っていたので、メモとして掲載しておく。
スポンサーリンク

アコースティックギター YAMAHA LS36 ARE

高級アコースティックギターの中でも、GibsonやMartinに負けない人気を誇るYAMAHAの傑作ギター。

大石昌良の「おしゃべりアコギ」第5回:スラップ(月刊Go!Go!GUITAR 18年4月号掲載)

大石昌良のボディ・ヒットやスラッピング(※どちらも打撃音を生み出すアコギの奏法)を多用するスタイルには、このレスポンスの良いギターが必須なのだろう。またゴージャスな幅広い音が出る印象で、彼の若々しい声とマッチしているように感じらる。

大石昌良 "君じゃなきゃダメみたい" (Official Live Video)
ギターを叩いて演奏する大石昌良独特な弾き語り
「君じゃなきゃダメみたい」を始めとして、多くの曲で1音下げチューニングにしているため、レギュラーチューニングとは音の響きが違う可能性がある。またギターの弦高は本人いわく『ヤン車』ぐらい低いとのこと。ぜひ専門のショップでその旨を伝えて、セッティングしてもらおう。

ライン録りのアコギ

【ニコ生】大石昌良(作曲者)「ようこそジャパリパークへ」
けものフレンズOP「ようこそジャパリパークへ」の超絶セルフカバー

またアコギ奏者としては珍しく、マイクではなくライン録り。これもボディ・ヒットの音が、外からマイクで録るより、ボディにピックアップを取り付けるほうが綺麗だからだろう。


使用機材はYAMAHAの初期装備であるSYSTEM41(ピエゾピックアップとマイクのミックス)から、ピエゾピックアップを、マグネティックタイプのピックアップに変更している。

そのピックアップとは、ソロギター奏者の方々が愛してやまないSUNRISE S-2。打撃音をしっかり拾ってくれるという特徴からあの押尾コータローも使用している名作だ。

アコギの弦はエリクサーの細め

アコギの弦にしてはかなり細いCustom Lightを使用。これで弦高低め、1音下げをするとなると、音がビビりやすくなる(※ちゃんと鳴らない)。あの独自の奏法を実現するために、弾きやすさ重視のかなり攻めた設定になっていることが分かる。

また通常のブロンズ弦ではなく、ファスファーブロンズ弦を使っている。ファスファーブロンズの方が少し値段が高いが、ド派手でゴージャスな音が鳴るのが特徴だ。まさに大石昌良らしいチョイスだろう。

爪はグラスネイルを塗っている

またピック弾きではなく爪弾きで、保護のためにグラスネイルを2重に塗っているとのこと。これは押尾コータローから教えてもらったそうだ。

逆に言えば、こういった保護なしであの奏法をすると、爪がボロボロに…?気を付けましょう。

大石昌良激推しのDI

見た目も可愛い

また配信で、大石昌良がコストパフォーマンスがとても良いと激推しだったDI(ダイレクト・ボックス)がこちら。これはアコースティックギターとミキサーの間に挟まって音を調整してくれる機械で、基本的にアコギを録音する方は持っています。Rupert Neve Designs(ルパート・ニーブ・デザインズ)によるアクティブタイプのDIで、現場を知り尽くしたレジェンドエンジニア ルパート・ニーヴ氏が自分が満足出来る最高のものを作り上げた、という商品。

カポタストはまさかの高級…?

転調する場面が多い大石昌良はカポ(ギターのキーを変えるために挟むアレ)も良いものを使っている。カポタストでこの値段!?なG7TH PERFORMANCE 2 CAPOだ。現在はその後継であるG7TH PERFORMANCE 3 CAPOも発売中。カポって装着後の音にかなり影響するので、そこそこのものを使うのが良いと思う。このG7THは取り外しも楽々のストレスフリーだ。

大石昌良は押尾コータローに勧められて7年ぐらい愛用しているとのこと。もしかしてすごく押尾コータローに教えてもらった機材を使ってる?

おわりに

大石昌良の使用機材を配信やTwitterを通じた発言から追ってきた。その選択の積み重ねが彼の今のスタイルに繋がっているのだろう。自分自身の目指すスタイルと彼の音を比べて、参考にできるところは勉強させてもらおう。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました