YouTube邦楽再生回数1億超ランキングで分かる「ヤバいこと」

近年、アーティストたちもYouTubeの重要性を認識してきた。今回はYouTubeで1億回以上再生されている動画(2020年)を、ランキング形式で紹介したい(K-POPは除く)
スポンサーリンク

YouTubeがミュージシャンの必須アイテムに

ピコ太郎…そういや紅白に出てたよな、どこに行ったんだろう。

ジャングルかな…。彼が紅白歌合戦に出場できたのは、SNSでバズったことが大きい。しかしNHKの若手職員が頭の硬い上司を説得できたのは、YouTubeの再生回数によって人気が定量化されたからじゃないだろうか。YouTuberの躍進が凄まじい昨今、TVよりもYouTubeな現代っ子たちが増えている。いまや再生回数は、アーティストたちの若者人気を測る重要な尺度になっているのだ。

アーティスト側もYouTubeでバズることを目指して、趣向を凝らした映像を作っている。星野源のMVには毎回キャッチーなダンスが入っているし、MONKEY MAJIKは中高生に人気なサンドウィッチマンとのコラボMVで、自分たちの音楽を流行らせようとした。

MONKEY MAJIK × サンドウィッチマン / ウマーベラス(歌詞付き)

「DA PUMP / U.S.A.」の二匹目のドジョウを狙ったような映像だけど、1,500万回再生でそこそこ回収できている。

MONKEY MAJIKだけでなく様々なアーティストが日々、動画を投稿している。今回はその中でも1億回以上再生されている動画を、ランキング形式で紹介していきたい。ただし主なターゲットが日本人の音楽を見たいので、2国に軸を置き、アメリカのビルボードに登場するほどに成長したK-POPはまたの機会ということで。あとピコ太郎とBABYMETALも外そう、アメリカ人も見まくってたみたいだし。

それでは1億再生超えの動画を見ていこう。※全て2020年5月6日時点。

36位 パプリカ/米津玄師

米津玄師 MV「パプリカ」Kenshi Yonezu / Paprika

米津玄師によるパプリカのセルフカバーがランクイン。伴奏を聴いてみると、通常ポップスに登場する楽器の音がほとんど使われていないかなり攻めた曲だということが分かる。ぶつ切りにされた音が生み出す、無国籍ながらも懐かしいハーモニー。こんなに実験的な曲が人気を得られることが素晴らしい。

35位 クリスマスソング/back number

back number – 「クリスマスソング」Music Video
約 1億回再生

女々しい歌詞で人気を博したback numberの冬の代表曲。バンド名がback number(=型おくれ)ってすごいよね。

34位 さよならエレジー/菅田将暉

菅田将暉 『さよならエレジー』
約 1億回再生

役者としてだけではなく、歌手としても活躍する俺たちの菅田から、「さよならエレジー」がランクイン。

33位 馬と鹿/米津玄師

米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika
約 1億回再生

この人の音楽を聴かない日は無い。米津玄師がドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌に提供した壮大な楽曲「馬と鹿」がランクイン。

32位 ともに/WANIMA

WANIMA – ともに (OFFICIAL VIDEO)
約 1.1億回再生

めっちゃ笑う人たちことWANIMAの代表曲がランクイン。

31位 ロビンソン/スピッツ

スピッツ / ロビンソン
約 1.1億回再生

スピッツの代表曲でありながら、歌詞が非常に難解な曲。美しいサビの展開に聴きほれる。

30位 ワタリドリ/[Alexandros]

[Alexandros] – ワタリドリ (MV)
約 1.1億回再生

スバルのCMソングに選ばれた、人気バンド・[Alexandros](アレキサンドロス)の代表曲。元々全部英語で歌詞を書いていたバンドだけど、日本語にして売れた例だ

29位 奏/スキマスイッチ

スキマスイッチ – 「奏(かなで)」Music Video : SUKIMASWITCH / KANADE Music Video
約 1.1億回再生
スキマスイッチの「奏」は、日本の冬を彩ってきた平成を代表するJ-POPだろう。気づけばアフロじゃなくなっていた常田真太郎[Piano]のもじゃもじゃ具合を記録した、貴重な資料でもある。それにしても大橋卓也[Vocal]の歌の上手さ、この人はライブでもCDレベルの安定感を見せる。

28位 千本桜/和楽器バンド

和楽器バンド / 千本桜
約 1.2億回再生

初音ミクの楽曲「千本桜」を和楽器バンドがカバー。根強い人気がある楽曲。

27位 海の声/桐谷健太

「海の声」 フルver. / 浦島太郎(桐谷健太) 【公式】
約 1.2億回再生

CMで頭がおかしくなるくらい聴いたこの曲がランクイン。あんだけ聴かされてもわざわざ検索する人がこんなにいるのが驚きだ。ちなみにこれ、三線の音も桐谷健太が演奏したものとか。作曲が『島人ぬ宝』のBEGIN島袋なので、かなり気合の入ったチームで作ったものだろう。

26位 まちがいさがし/菅田将暉

菅田将暉 『まちがいさがし』
約 1.2億回再生

菅田将暉の名曲がランクイン。作詞・作曲・プロデュースは米津玄師が担当、この人本当にヒットメーカーだな。

次はあの愛媛出身シンガーソングライターの結婚式の定番曲!?

コメント

  1. くまくま より:

    babymetalのギミチョコなら1億超えてますよ。

  2. らら より:

    本気でそんな再生されてると、
    本気で思ってんの?

    K-POP信者と同等のくらいのあたまの人だよね?

  3. より:

    「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌のGod Knows…も一億回超えてます。

タイトルとURLをコピーしました