夏が来る!轟音×女の子の爽やかオルタナを聴き漁ろう!

毎年思っていますが、夏ってこんなに暑かったでしょうか。

本格的な暑さがやってくる前に爽やかなノイズを仕入れておいて、シーブリーズの匂いのする夏を迎えましょう!

今回は女の子がヴォーカルで、かつ轟音ノイズが入った曲をご紹介します!

スポンサーリンク

羊文学

静かな立ち上がりですが、ジャガー(ギターの種類)を持つ塩塚モエカがノイズの予感を漂わせています。そして中盤の凄まじい展開へ。女の子三人。カッコいいですよね。

窓を抜ける風
プールサイドみたいな
においだ

引用:Step/作詞作曲:塩塚モエカ

この一節にとても夏を感じます。高校生だったあの頃を思い出させるような情景描写。

DABDA

ヴォーカル2人の佇まいからいい感じの韓国のバンド。リードギターのテレキャスにはなぜかオノマトペが日本語で書かれています。

曲の展開が複雑で面白いです。間奏でいきなりマスロックみたいになってきたり。ドラムから熱いプレイが始まっていったり。ラストの展開の作り方最高ですよね。

ステレオガール

イントロから好きになっちゃいそうな感じ。5人組だから色々なリズムがかみ合ってて良いですよね。そして最後の「チェック。」好きになりました。

スポンサーリンク

東京で今売れつつある五人組!プレイリストに入れておいてください!Eggsで何曲か聴けます。

17歳とベルリンの壁

先日この記事でもご紹介した17歳とベルリンの壁です。

【ドリームポップ】大豊作な日本のシューゲイザーバンド10選
ノイジーでドリーミーな音楽in梅雨

本格的なシューゲイザーで、ライブで聴いたらエモーショナルすぎて昇天するでしょう。YouTubeの音質で聴くのはもったいないバンドですね。

きのこ帝国

語る必要がない有名バンド。オルタナ大好き佐藤千亜妃によって作られた楽曲群は、エモーショナルなノイズで満ち、そこに彼女自身の透き通る声が重なっています。これぞ”渦”の音楽!

おわりに

本当に素晴らしいバンドばかりで、ノイズと女声の相性の良さを感じますよね!

また夏らしいオルタナをご紹介しますので、ぜひ読みに来てください!それでは!

コメント