【すごい子供】歴史に名を残す少年少女ギタリストのスーパープレイ

世界にはマンガの主人公のような、一握りの天才たちがいますよね。ギタリストにも信じられないほど早熟な子供たちがいます。彼ら/彼女らのスーパープレイを見ていきましょう。
スポンサーリンク

Matteo Mancuso

この動画では10代の少年が2~4フィンガーを駆使して高速でアドリブソロを取っています。有り得ない…。ピックを使わないでこの速さに至った理由は何なのでしょうか…。

独自のスタイルでメタルからジャズまでこなしてしまうという、イタリアのホープです。SGがお気に入りっぽいのもカッコいいですね。

CHON

アメリカが生んだバカテクバンド、Chon。上原ひろみとゲーム音楽の影響が強いといわれている彼らですが、結成が2008年と今年で10周年。今年平均年齢24歳なので、結成当初の平均年齢は14歳(!)

この動画での年齢を書いておくと…

  • Gt.Mario Camarena(16)
  • Dr.Nathan Camarena (11)
  • Gt. Vo.Erick Hansel(18)
  • Ba.Esiah Camarena(15か16、脱退)

とみんなめちゃくちゃ若いです!ギターはこの時点でバカ上手いですよね!しかもメキシカンの3兄弟が所属という、すごい状態です。ファミリーバンドにしては過剰なテクニック…。

スポンサーリンク

ここから今のミニマルなスタイルへと発展していったんですね!

Derek Trucks

新三大ギタリスト・Derek Trucksが13歳の頃も見ておきましょう。子供とは思えない歌心と耳の良さ…。アメリカにいる野球少年って感じなのに…。この動画で見られるボトルネック奏法ってめちゃくちゃ難しいんですが…既にものにしています。SGがMatteo Mancusoと被っているのも面白いですね。

(ボトルネック奏法:指ではなくガラスの小瓶で音を変える演奏方法)

少年は大人になった

あの少年が大人になってどうなったか…サイボーグになりました。ボトルネック奏法の新境地を切り開き、ギターの歴史でも稀有である、エモーショナルな音を鳴らしています。感情をそのままギターに乗せたような最高のソロです。

Li-sa-x

最初に頭に思い浮かんだ方も多いのではないでしょうか、日本の至宝、Li-sa-x(リーサーエックス)です。8歳でGuthrieに挑戦するという早熟さ。

昨年、12歳でデビューを果たしました。どこまで羽ばたいていくのか楽しみですね!なんとあのMr.Bigのポール・ギルバートが現代の3大ギタリストの一人に選んでいます。

Feng E

弾いてるのはエレキウクレレだけど奏法は完全にギターです。超早熟な少年。外で音が散る上にしょぼいアンプでこの迫力なのがすごい。というか少しくらい照れがあってもいいでしょうこれ。なんなんだこのみなぎる自信は。

Feng E(フォン・イー)は台湾・台北の少年で、ウクレレ歴は6年とか。オーディション番組に出演した際には、セリーヌ・ディオンを世に送り出したことでも知られるデイビッド・フォスターにべた褒めされた注目株です。

一曲だけSpotifyやアップルミュージックで配信もありました。

おわりに

子供というのはすごいもので、見て頂いたものがまだ発展途上の段階にあるということが驚きです。その成長の先でChonやDerekのように、ギターの可能性を広げていくことだって考えられますよね。とても夢があると思います。

見ているだけでワクワクさせられるとともに、プレイヤーとしては焦りや嫉妬を覚えるという、不思議な子供ギタリストについてご紹介しました!それでは!

ニュース
この記事を書いた人
sigefuzi

京都在住の20代。2017年に音楽ブログ『NIGHTCAP』開設。ブログの名前は Lúnasaの『Morning Nightcap(朝の寝酒)』から。映画レビューのブログhttps://cinegroove.net/を運営中。

sigefuziをフォローする
NIGHTCAP

コメント