【夜に聴きたい大人のヒップホップ】ジャズ×ヒップホップのススメ

スポンサーリンク

US3(アススリー)

US3 – Cantaloop (Flip Fantasia) [Official Video]
エレ美
エレ美

またもやラウンジで

かかってそうな音楽ね!

これもヒップホップなの?

エレ夫
エレ夫

サンプリング(録音した音を何度もループさせ、重ねて曲を作る)が用いられているからね!US3もブルーノートのレコードを使って曲を作っているんだ!

エレ美
エレ美

ジャズのレコードを切り貼りして

ビートに出来るなんてすごいわね!

エレ夫
エレ夫

B-BOYはいろいろな曲を知っていないとダサいからね。ジャズだって当然みんな聴いてるのさ。

この曲のリリースはなんと1992年なんだよ!

エレ美
エレ美

そんなに前の曲なの!?

全然音が色あせてないわね!

エレ夫
エレ夫

昔のヒップホップが古臭く聴こえちゃうことなんてよくあるけどね。これは元の音がしっかりしてるから、今後100年は耐えそうだね!

エレ美
エレ美

この曲の元ネタは何なの?

Cantaloupe Island featuring Herbie Hancock / Blue Note Concert Live – HD
エレ夫
エレ夫

ジャズトランペット奏者・Herbie Hancockの「Cantaloupe Island」だね。どうやって曲が作られてるか分析するのも楽しそうだ。

エレ美
エレ美

さっきの動画

600万回も再生されてるわね。

エレ夫
エレ夫

実は大ヒット曲で、収録アルバムはブルーノート史上一番売れたらしいよ。

エレ美
エレ美

今でも衝撃的なんだから、

当時の人はびっくりしたでしょうね。

エレ夫
エレ夫

ある意味ここから、ジャジーヒップホップの歴史は始まったのかもしれないね。

Ronny Jordan

Mackin – Ronny Jordan
エレ夫
エレ夫

ギタリストRonny Jordanが発表した曲で、ブレイクビーツの上に彼のクールなギターが乗っているね。

エレ美
エレ美

生楽器が登場しやすいのも、

ジャジーヒップホップの特徴なのかしら。

エレ夫
エレ夫

やっぱりジャズは即興性の音楽だし、ジャズの音源を使うのも生っぽさにこだわってのことだと思うから、よく出てくるね。ここではフュージョンがヒップホップと融合していると言えるのかな。

All Up In It

DJ Spinna All Up In It
エレ夫
エレ夫

さっきのビートを作ったのはDJ Spinnaという人なんだ。こういったブレイクビーツを得意とするDJで、この人から探していってもいい音源に出会えると思うよ。

エレ美
エレ美

ジャジーヒップホップって、

洗練された大人の音楽だったのね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました