【夜に聴きたい大人のヒップホップ】ジャズ×ヒップホップのススメ

エレ夫
エレ夫

エレ美ちゃん!ジャジーヒップホップって知ってる?

エレ美
エレ美

全く聴いたこともないし、

そもそもヒップホップって

苦手なのよね。

なんか怖くない?

エレ夫
エレ夫

ジャジーヒップホップに関していえばそんなことないよ!ジャズとヒップホップを合わせたハイブリッド音楽だからね!

エレ美
エレ美

ジャズとヒップホップ?

意外な組み合わせね。

エレ夫
エレ夫

実はそうでもないんだよ!あのマイルス・デイヴィスも晩年はジャズとヒップホップの融合を目指していたくらいだからね!何人かオススメのアーティストを紹介するね!

スポンサーリンク

Madlib(マッドリブ)

エレ美
エレ美

確かにジャズっぽさはあるわね。

映像もそんな感じだし。

エレ夫

Madlibはミュージシャン一家の生まれで、叔父がジャズサックス奏者だったんだ。この曲はジャズの名門レーベル・ブルーノートから、全ての音源を使っていいという契約で作られた1曲なんだよ。

エレ美
エレ美

あのブルーノートから!

なんだか厳しそうなイメージだけど…。

エレ夫
エレ夫

それだけ彼が信頼されていたということだろうね。その契約のもとに作られたアルバムは『Shades of Blue』と名付けられたんだけど、なぜか邦題は『ブルーノート帝国への侵略』だったんだ。

エレ美
エレ美

なんで邦題っていつもダサいのかな。

エレ夫
エレ夫

センスが無いんじゃない?

Funky Blue Note

エレ夫
エレ夫

同じアルバムから「Funky Blue Note」だよ!

エレ美
エレ美

深い残響を伴った

ビートがかっこいいわね!

エレ夫
エレ夫

素晴らしい1曲だよね!

スポンサーリンク
エレ美
エレ美

ラップが無いけど、

これもヒップホップなの?

エレ夫
エレ夫

ヒップホップの手法で作られていれば、インストゥルメンタルのヒップホップだってあり得るさ。

Nujabes(ヌジャベス)

エレ夫
エレ夫

もちろんガッツリRapが入った曲もあるよ!

エレ美
エレ美

強烈に洗練されているわね。

無駄が一切ないわ。

エレ夫
エレ夫

この曲を作ったのはNujabesという日本のトラックメイカーなんだ!Pase Rock, Substancialという二人のラッパーをフューチャーリングしているよ!

エレ美
エレ美

日本人なのにアメリカ人ラッパーとコラボするなんてすごいわね!

エレ夫
エレ夫

それだけ才能に溢れた人だったんだよ!

コメント