京都の大天才、中村佳穂は聴いておくべき

スポンサーリンク

中村佳穂

京都発・パワフルな声とピアノ、即興性の強い演奏が魅力的なシンガーソングライターだ。学生時代からくるり・スチャダラパーBOSE・高野寛・スティーブエトウらと共演し、様々なミュージシャンの称賛を浴びてきた。

これが売れなきゃ嘘だ。そう思える素晴らしい才能の持ち主なのだ。ぜひ聴いてみてほしい。

即興のライブ

ほとんど即興である。CDに収録されている同曲には、この歌詞もリズムも無かった。急に今夜はブギーバック始まるし。

10回以上ライブに行ったけど、同じリズムで曲が始まったこと無い気がする。毎回即興でアレンジしてくる。なんでこれ弾きながら歌えるんだろう。もう一つ「夜のダンス」を見てみよう。

6分11秒~から。前の曲からさらっと繋がってるのもすごい。

手前で段ボール叩いてるおじさんはスティーヴエトウ。吉川晃司とか藤井フミヤとかのサポートをするようなベテランだ。中村佳穂の才能に惹かれ「報酬は将来でいいよ」とライブに出ているらしい。彼女のライブの常連だ。

MCと歌の境目が無い

たとえば今見ていただいた動画。8:30~からスキャットをし始めたなと思ったら、曲の中でMCのような歌のような、即興を始める。

「なんで僕は お金を払ってまで 東京で 歌ってるのだろう」「なんでやろな」といってなぜ歌を歌うのが好きか語り始める中村佳穂。

このMCと歌の境目が無い独特のスタイルはAl Jarreauから影響を受けたものだそう。

YouTubeが出てきたときに音楽好きの母親が大喜びして、私にいろいろと見せてくれたんですけど、そのなかでいちばんハマったのがアル・ジャロウのライヴ映像。喋りから急に“Take Five”に入っていくのを観て、〈ヤバイ!〉となり、高校のときは何百回と観ました。

引用:Mikiki

何を合図に曲を始めたのかわからなすぎて、かっこいい。中村佳穂のR&B感の源流はこのあたりにあるのだろう。

著名ミュージシャンからも注目

中村佳穂が有名になったのは、くるり岸田が自身の主催するイベントに彼女を指名したことがきっかけだった。

どうやら京都の名スタジオで中村佳穂の音源と出会ったことがきっかけみたいだ。

コメント