2017年はベース元年 超絶ベーシストのリリースがぞくぞく登場

2017年はベースの年かも知れない。

超絶ベーシストとして知られるNathan East, Squarepusher, Thundercatの3人がアルバムを出したのだ。

スポンサーリンク

コンテンツ

  • グラミー賞受賞ベーシスト Nathan Eastのソロアルバム
  • 変態ベーシストSquarepusherの新プロジェクト
  • アメリカの超絶ベーシストThundercatの新アルバム
  • Tal Wilkenfeldのアルバムはいつ出るのか
  • 超絶スラップベーシストMarcus Millerの新曲
  • あの超速スラッパー Mark Kingも新プロジェクト
  • 一方その頃レッチリのFleaは

Nathan East

知らない人のために紹介。

Fourplayというスムースジャズバンドに所属し,何度もグラミー賞にノミネートされている。

それだけでなくエリック・クラプトンやダフトパンクなどの著名アーティストにも信頼されている。

The Fourplay « Sonnymoon » HD Live au New Morning, France 2012

Fourplayとしてはこんな感じ。ベースがかっこよすぎて何回も聴いてしまう。

新アルバム『 Reverence』

Nathan Eastが新アルバムを1月にリリースした。

Lifecycle Single

わかってたけどめちゃくちゃうまいな。この80年代感最高。

Earth, Wind & Fire – Serpentine Fire

今回はこの他に驚いたこととして、Earth Wind & Fireの3人を招いて彼らの「Serpentine Fire」のカバーがあった。しかもゲストでエリック・クラプトンとフィル・コリンズも参加。

NATHAN EAST feat PHILIP BAILEY, VERDINE WHITE & RALPH JOHNSON | Serpentine Fire

あとNathan Eastの息子(16)が参加した曲があった。

Over the Rainbow – Nathan East & Noah East 'Reverence' Studio Sessions

ピアニストなのね。Nathan Eastは厳しい親なんだろうか。優しそうだけど。

Squarepusher

ジャコ・パストゥリアスを尊敬していることで知られる超絶ベーシスト。

彼の音楽はなんとも説明しづらいが、ドラムンベースなどテクノに属する音楽を作る人だ。

Squarepusher – Hello Meow (Live)

緻密なのにやたらチープな打ち込みが初期の特徴、その上に上手すぎる彼の生演奏ベースが重ねられる。

いやそれ生演奏でやる部分じゃないからと衝撃を受けた人も多いだろう。

2000年代に入ってからチープな機材には別れを告げ、コンピュータを使っての作曲を開始した。

上記の曲以外にも

Squarepusher – Iambic 9 Poetry – Ultravisitor

めちゃくちゃ美しい曲を書いていたり、

Squarepusher – Don't Go Plastic

突然フリージャズに傾倒して、あまりのわかりにくさにファンをビビらせたり、

Squarepusher – My Fucking Sound

ダークなノイズが飛び出す楽曲を書いてさらにビビらせたりしてきた。

新プロジェクト「Shobaleader One」

Squarepusherの新プロジェクトが2016年に始動した。

Shobaleader One performing "Coopers World" live.

Squarepusherと三人の地球外生命体によるバンド・Shobaleader One

引用:cinra.net

2010年に彼が構想したのは、最高のメンバーで、生楽器で演奏して表現すること。

その時のバンド名が「Shobaleader One」だった。

スポンサーリンク

今回はそのプロジェクトを推し進めた形になる。

ショバリーダー・ワンは、

スクエアプッシャーの初期曲を演奏するバンド。

音の同期は一切なし。完全に人力で

引用:beatink.com

それにしたってうますぎる。

こんな高難度な曲が収録されたライブアルバムが今年の3月に出された。そして4月には来日。

E8 Boogie – Shobaleader One

覆面バンドってかっこいいよね。この人たちはいろいろイカれてるけど。

Squarepusherは新たな可能性に向けて動き始めた。

Thundercat

彼はアメリカのベーシストだ。

Kendrick Lamarがグラミー賞を受賞したのは記憶に新しい。その曲でベースを弾いていたのが彼だ。

Kendrick Lamar – These Walls (Explicit) ft. Bilal, Anna Wise, Thundercat

信頼は厚く、Flying LotusやKamasi Washingtonのアルバムにも参加している。

Thundercat – A Fan's Mail (Tron Song II) (Live on The Current)

こういう人。それほんまにベースなん?

コメント

タイトルとURLをコピーしました