アジカン「新世紀のラブソング」に込められた問いかけとは?

スポンサーリンク

愛がなにかもわからないのに

確かな言葉が見当たらない
言い当てる言葉も見当たらない
それでも僕らは愛と呼んで
不確かな想いを愛と呼んだ

本当のことは誰も知らない
あなたのすべてを僕は知らない
それでも僕らは愛と呼んで
不確かな想いを愛と呼んだんだ

引用:新世紀のラブソング/作詞作曲:後藤正文

愛っていったいなんなのかわからない。それは僕もそうだし、きっとあなたもそうでしょう?でもそれを不確かなまま愛と呼んでいる。そしてそれを歌にして歌っているんだ。わからないなりに。

スポンサーリンク

最も強烈なフレーズ

息を吸って 生命を食べて
排泄するだけの猿じゃないと言えるかい?

引用:新世紀のラブソング/作詞作曲:後藤正文

お前は世界のために何か出来るのか?何か残せるのか?という厳しい問いかけは僕らに、そしてきっと自分自身に。発破をかけているんだろう。お前に何が出来るか考えろ!って。

このあたりは「さよならロストジェネレーション」の歌詞と似ている。

猿からヒトへ

ほら 君の涙
さようなら旧石器
恵みの雨だ
僕たちの新世紀

引用:新世紀のラブソング/作詞作曲:後藤正文

君の涙で「排泄するだけの猿」からヒトへと文明開化。過去と向き合うだけでなく、9.11みたいなこの世で起こってる辛いことを直視しても、涙は流れる。

それが僕らを猿から人へと変えるんだ。じゃあ今のお前らはどうなんだ?猿じゃないのか?煽りソングの様相。かなり過激な発言だけど、歌詞がちょっと難しいから突っ込まれなかったみたいだ。

まとめ

冒頭の歌詞にある野球のセカンドフライの話は後藤本人の実話である。

引用:Wikipedia

最初の歌詞もゴッチ自身だったようだ。「一般人としての自分」と「アーティストとしての自分」を行き来し、最後に「代わり映えしない日々は何のためなんだ?」と問いかけて終わる曲なのだろう。

耳が痛い

猿にならないように気をつけたいところだが、今のところルーティンワークの日々から抜け出せそうにない。せめて目標を持ち、いろんな事に心を動かしていこうと思う。

余談 ゴッチのラップ

the chef cooks me というバンドが「新世紀のラブソング」を気に入り、ゴッチをさそって曲を書いた。

環状線は僕らをのせて / the chef cooks me

ゴッチのラップが聴けるのは珍しいのでここにメモしておく。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました