生音HIPHOP Ovall、色々な場面で聴きたくなる

Ovallというバンドを聴いたことがあるだろうか。

洒脱なヒップホップを演奏するスリーピースバンドで、2013年に活動休止。聴いてみて欲しい曲がたくさんある。まずは1曲。

スポンサーリンク

Shadows & Lights

最小限の音から始まり、気がついたらグルーヴに呑まれている。絶妙な気持ちよさがある。ドラムmabanuaの生み出す黒いビート。強烈に「ズラしてくる」スネア。ほんとに日本人か?

彼らが属するorigami PRODUCTIONSは渋谷から世界へ日本の音楽を届けることを目的に作られたレーベル。Ovallの3人が個人名義で積極的に活動する他に、最近話題のKan Sanoも属している。

Ovallの特徴は3人ともトラックを作れて、ミキシングからアートワークまで手がけてしまうところだろう。

3人それぞれがクリエイターだからこそ様々な曲が生み出せて、だからこそ活動休止したのだと俺は思っている。2ndアルバム出すのに3年以上かかってるし。喧々諤々のアルバム制作だったのかな。

バンド名の由来は楕円を表すovalから。グルーヴは円ではなく楕円であり、グルーヴコンシャスな音楽を志向するバンドというのが、初期のコンセプトだったそうだ。

Take U to Somewhere

このビート。もはやずれてるのでは、となる黒さ。

ウィスパーボイスも彼らの楽曲にはよく登場する。歌モノも多い。

Mary (Flying Beats)

こんな感じのインストも半分くらい入っている。女の子が部屋に来た時に流したいアルバム2位(※1位はディアンジェロ、主観)。夜に聴く感じの落ち着いたトラックが多い。この曲もサックスが絶妙。

Yura Yura

歌モノには誰かをゲストボーカルとして迎えたものも多い。その場合もジャンルにこだわらず、ゲストの持ち味を活かせそうな曲を作るのも、この3人のいいところだと思う。

スポンサーリンク

Hold You

例えばこれ、楽しそう。さかいゆうを活かすとこうなる。でもおしゃれですよね。万能か。

コメント