生音HIPHOP Ovall、色々な場面で聴きたくなる

3人は別々の道へ。

もともとソロ活動の多かった3人だったので、活動休止後も3人とも精力的に活動しています。ソロ活動に専念したいから休止したのかな。

drawing

mabanua – drawing (Official Music Video)

上述のようにみんな万能なので、ドラムのmabanuaも一人でガンガン曲を作り、演奏します。かなり黒っぽいビートのエレクトロニカ。

Lotus Flower

Shingo Suzuki – Lotus Flower

ベースのShingo Suzukiもいい感じのビートを発表したり、藤原さくらのアルバムに参加したり、環ROYに曲を提供したりといろいろやってます。自分で色んな楽器弾いてビート作るのすごいよね。

藤原さくらをサポート

なぜか3人とも藤原さくらのバックバンドに並んでいたりする。レーベルメイトのKan Sanoもいて、origami PRODUCTIONS全員集合してたり。

Gt.関口シンゴは?

sugar me – anyone else but you feat.王舟 (Official Music Video)

プロデュース業での活動が多いみたいですね、例えばこれとか。

おわりに

origami PRODUCTIONSが日本のジャムであったりインストのシーンを支え、色々なジャンルを影から支えてる所があると思っています。彼らの活動をチェックしといて損はなさそう。追い続けたいと思います。

STAR ( Kan Sano Remix ) / Ovall

それでは良い夢を。

追記:まさかの復活

復活してめちゃくちゃびっくりした。ホントに良かった、これで邦楽を聴く楽しみがひとつ増えた。

関連記事

エモーショナルで個性的な生音ヒップホップ 10選
メロウからファンキー、果てはエクスペリメンタルまで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました