2017年はベースの年。超絶ベーシストのアルバム・リリースがぞくぞく登場。

2017年はベースの年かも知れない。

超絶ベーシストとして知られる

Nathan East, Squarepusher, Thundercatの3人が

アルバムを出したのだ。その技巧を見ていこう。

コンテンツ

  • グラミー賞受賞ベーシスト Nathan Eastのソロアルバム
  • 変態ベーシストSquarepusherの新プロジェクト
  • アメリカの超絶ベーシストThundercatの新アルバム
  • Tal Wilkenfeldのアルバムはいつ出るのか
  • 超絶スラップベーシストMarcus Millerの新曲
  • あの超速スラッパー Mark Kingも新プロジェクト
  • 一方その頃レッチリのFleaは

Nathan East

知らない人のために紹介。

Fourplayというスムースジャズバンドに所属し,

何度もグラミー賞にノミネートされている。

それだけでなくエリック・クラプトンや

ダフトパンクなどの著名アーティストにも

信頼されている。

Fourplayとしてはこんな感じ。

このベースがかっこよすぎて何回も聴いてしまう。

新アルバム『 Reverence』

Nathan Eastが新アルバムを1月にリリースした。

わかってたけどめちゃくちゃうまいな。この80年代感最高。

今回はこの他に驚いたこととして、

Earth Wind & Fireの3人を招いて

Earthの「Serpentine Fire」のカバーがあった。

しかもゲストでエリック・クラプトンとフィル・コリンズも参加。

あとNathan Eastの息子(16)が参加した曲があった。

ピアニストなのね。Nathan Eastは厳しい親なんだろうか。

優しそうだけど。

Squarepusher

ジャコ・パストゥリアスを尊敬していることで知られる

超うまいベーシスト。

彼の音楽はなんとも説明しづらいが、

ドラムンベースなどテクノに属する音楽を作る人だ。

緻密なのにやたらチープな打ち込みが初期の特徴、

その上に上手すぎる彼の生演奏ベースが重ねられる。

いやそれ生演奏でやる部分じゃないから、

と衝撃を受けた人も多いだろう。

2000年代に入ってからチープな機材には別れを告げ、

コンピュータを使っての作曲を開始した。

上記の曲以外にも

めちゃくちゃ美しい曲を書いていたり、

突然フリージャズに傾倒して、

あまりのわかりにくさにファンをビビらせたり、

ダークなノイズが飛び出す楽曲を書いて

さらにビビらせたりしてきた。

新プロジェクト「Shobaleader One」

Squarepusherの新プロジェクトが2016年に始動した。

Squarepusherと三人の地球外生命体によるバンド・Shobaleader One

引用:cinra.net

2010年に彼が構想したのは、最高のメンバーで、

生楽器で演奏して表現するということ、

その時のバンド名が「Shobaleader One」だった。

今回はそのプロジェクトを推し進めた形になる。

ショバリーダー・ワンは、

スクエアプッシャーの初期曲を演奏するバンド。

音の同期は一切なし。完全に人力で

引用:beatink.com

それにしたってうますぎる。

こんな高難度な曲が収録されたライブアルバムが

今年の3月に出された。そして4月には来日。

覆面バンドってかっこいいよね。

この人たちはいろいろイカれてるけど。

Squarepusherは新たな可能性に向けて動き始めた。

Thundercat

彼はアメリカのベーシストだ。

Kendrick Lamarがグラミー賞を受賞したのは記憶に新しい。

その曲でベースを弾いていたのが彼だ。

信頼は厚く、

Flying LotusやKamasi Washingtonのアルバムにも参加している。

こういう人。

新アルバム『Drunk』

なんとKendrick Lamar, Flying Lotus

Kamasi Washingtonも参加しているアルバムを

2月にリリースした。

人気者の成せる技だ。

あの「What a Fool Believes」を作った二人が参加。

心地よすぎて無限に聴ける。

もちろんここまで見てきたような、イカれてる超絶曲もある。

ぶっとんでるな。

さてアルバムリリース情報はここまでだ。

以下はその他のベーシストの近況について

書いてみた。駆け足でいく。

Tal Wilkenfeld

この人もメチャうまいよね。

新アルバム

クラウドファンディングでお金を集めきり、

新アルバムの制作を宣言したのが去年。

夏のリリースだったはずが、

どうやら遅れているらしい。

最近はヴォーカル曲を作り続けている彼女、

この曲は収録予定曲だ。

新アルバムもヴォーカルアルバムだと思われる。

Marcus Miller

あのMarcus Millerの新しいリリースもあった。

試聴してみてほしい。

強烈にパンチのある音が彼の流儀だ。

最近はデジタルリリースが続いている気がする。

Mark King

この煽り最高過ぎない?

彼も新プロジェクトを始めた。

ポリス(The Police)のスチュワート・コープランド(Stewart Copeland)、キング・クリムゾン(King Crimson)等のエイドリアン・ブリュー(Adrian Belew)、レベル42(Level 42)のマーク・キング(Mark King)、P.F.M.等のヴィットリオ・コスマによるスーパー・バンド、ギズモドローム(Gizmodrome)が始動。デビュー・アルバム『Gizmodrome』を海外で9月15日発売。

引用:amass.jp


凄すぎるメンバー。

こんな風に今年は(も?)

ベーシストのニュースが上半期だけでこんなにあった。

一方その頃レッチリのFleaは

BABYMETALのライブに出てたらしい。

攻め過ぎ。

情報求む

ちょっと自分がキャッチしきれてない情報があれば、

Twitterアカウントまでダイレクトメッセージで

書いていただけると助かります。

提供者の方のお名前と掲載致しますので、

ご希望のお名前もよろしければどうぞ。

それでは。

破天荒な大所帯バンドHealthy dynamite club

ブラックミュージックを基調としながら、時にはメロウ、時には激しく、なんでもありなサウンドに、熱い言葉を乗せて歌い上げる青春ソウルな7人組!人呼んで「健康爆音バンド」、
それがHealthy Dynamite Club!

引用:公式サイト

なんて?

器用

あ、売れそう。初めて聴いたときそう思った。器用に売れ線を押さえている。緩いながらもvo.サトリダイナマイトの力で熱い。非常に健康的だ。ええ声すぎる。サビの振付楽しいし。あと間奏かっこいい。

彼らは2015年結成の7人組。どうですこのパーティー感。まだまだ無名だけどなにかこう爆発する種みたいなものを持っている気がする。

上記2曲は最新作『Love EP』から。今一番売れ線のジャンルですが、なんかおしゃれさを犠牲にして熱さを追い求めてる感じが好感もてますよね。Your song is goodみたいな。MV両方踊り狂ってるし。

どこが器用なのか

2015年と2016年で異なる音楽性

これが2015年の映像。上述2曲は2016年末。かなり音楽性が変わりました。共通点は熱さ。彼らは熱さを表現するために時代に合わせて進化できるバンドです。今時こんなに歌詞を大切にしてるバンドも珍しい。僕は好きです。こんなんライブで見たら感動するわ。

同2015年『爆誕EP』から。これはわかりやすく邦ファンクですね。いやまずMVが田舎すぎ。どこここ。ああこういうパーカッションいるタイプのバンド流行らないかな。それが彼らだったらいいな。と思います。

clubってついてるバンドいっぱいあるけど大抵おしゃれ系やし、これで風穴開けてくれへんかなぁ・・・

最新MV

複雑なファンク。『He is NOT a vocalist He’s the Shaker Man』って書いてますが、確かにshaeker振りまくってますね・・・

健康がコンセプトの同バンドらしく踊れるナンバー。もはや時代錯誤なくらいのシンセはバブルへと私たちを誘います。

それではさようなら。

追記。

彼らについてライブレポートしました。
ライブレポート

 

ディスコ室町新企画、『どDEEP部』に行ってきました。

どDEEP部

ディスコ室町の新企画が京都で始まった。CLUB METROにて第1回が行われ、最近勢いのすごいTempalayや メシアと人人 Healthy Dynamite Clubが呼ばれた。どんな様子だったか報告します。

いたるところに「ど」

会場の至るところにディスコ室町特製の「ど」が貼られ、缶バッジも配られた。

そして会場に入るとDJ JORDANのナイスなビートが。彼は京都のシーンで活躍するDJなのですが、どうやらディスコ室町とは知り合いの様子。転換の間も退屈しないイベントだった。DEEPなアフロファンクが聴けたぜ。

メシアと人人

名前はよく見るけどライブは初めて、youtubeで事前に見ていった曲は結構ポップな感じで、いわゆるドリームポップってやつなのかなと思っていた。

違った。

めちゃめちゃ感情表現の激しいジャイアンみたいなGt.Vo.北山の出すノイズの波は、Dr.Vo.ナツコの鳴らすビートによって高められ、噴火。どこか切ない歌詞がエモい。銀杏ボーイズのエモい部分を凝縮したみたいだ。

こんな感じだった。彼らはぜひ一度ライブで見て欲しい。ビビるから。彼らならこのジャンルをやっているインディーズバンド達の星になれると思う。なにかにつけてお洒落な今のシーンに風穴を開けてくれ。

最近よく耳にするメシアと人人について。

Healthy Dynamite Club

恥ずかしながら今日このライブへ行くために予習するまで知らなかった。

最高だった。

大所帯を最大限に活かしたパーティー感。特にパーカッションがいい。みんな踊り狂っていた。

セトリは1.ヘルシーズのテーマ→2.Callin’ Up→3.シェイカーマン→4.PM7→5.ブギーナイツ

褒めてばかりいてもあれかもしれないが、全部最高だった。「ヘルシーズのテーマ」から健康的な彼らのファンクが溢れ出していたし、メロウな「Callin’ Up」で見事にライブのダイナミクスを作り出していた。Vo.サトリダイナマイトの美声は和製ブルーノ・マーズといったところか。「シェイカーマン」ではPer.ふるさと捨て夫扮するシェイカーマンが客席に飛び込みシェイカーを振りまくった。そして代表曲2曲のラッシュ。最高だった。

当分京都には来ないだろうな。呼んでくれてありがとうディスコ室町。

Tempalay

最近なにかと話題のTempalay。サポートメンバーを加えて4人でのライブだった。正直最初は京都のアウェー感に飲まれている感じがしたが、さすがフジロック出演を決めただけあって、すぐにバシっと合わせてきた。

けっこう音源と違うところが多くて、ライブはライブで良さがあった。特に最初の方の曲は、AメロBメロサビはタイトなのに間奏でいきなりヤク中になってサイケに浸かったり、おもしろい展開の曲が多かった。

そんでこれやっぱりええ曲やった。

踊る!ディスコ室町

新企画を始動させたディスコ室町。気合の入り方も違うのか1曲目の「嘘800」から最高の演奏を見せつけてきた。これが京都のシーンを支えるファンクバンドの力か。振り返ってみると今日の出演はここ2~3年で出来たバンドが多かった気がする。

そして2曲目はなんと新曲(!)しかもややファンクネス抑え目のゆったりと聴ける感じの曲。彼らは今までこんな曲をやっていただろうか。すごく良かった。この路線の曲もどんどん聴いてみたい。

「NEW CLASSIC DANCE NUMBER」からはゲストでホーンセクションが参加。

室町ホーンズの仕上がり聴いて! #6月11日メトロでやります #どDEEP部

A post shared by まこまこまこっちゃん (@mak_1410) on

動画がinstaに上がっていた。

 

ちょうどこの時のようだった。同じメンバーだと思う。

今日の気合は凄かった。ほんとうにぶち上げていた。。。

踊らないベイベからのアンコールの流れは、ディスコ室町ここにあり!という感じだった。

おわりに

ディスコ室町Vo.ミキクワカドが言っていたように「京都でやるから意味が有る。」京都のシーンを盛り上げていく新たなイベントが生まれたことが素直に嬉しい。次回は9/10(日)、場所は同じくCLUB METROだそうだ。

京都在住の方は行っておいて損はない。

ええ写真 #どDEEP部

まこまこまこっちゃんさん(@mak_1410)がシェアした投稿 –