【Reiの使用ギター・エフェクター】独特なピックに秘密あり?

スーパーギタリスト・Reiの機材の秘密に迫る記事。彼女のサウンドを構成する使用ギターやエフェクターについて。
スポンサーリンク

Reiの使用ギター①Duo Sonic 2

Duo Sonic 2はデビューアルバム『BLU』のジャケットにも登場

彼女が初めて手に入れたFenderのギターはヴィンテージのDuo Sonic II(1966年製)だった。発売当時は学生向けの廉価版(スチューデントモデル)としての位置づけだったが、チープかつ独特な抜け感のあるサウンドにより、今もオルタナティブなミュージシャンを中心に愛されている名機である。Fender社が1964年にDuo Sonicをアップデートし、ムスタングを参考にしたボディシェイプとして生まれ変わったモデルだ。ニューヨークの中古楽器屋で手に入れた後、カラーをブルーに塗装しているとのこと。

【Rei】BLACK BANANA //CReiZY MOVIES//

こちらの動画で弾いているのがまさしくDuo Sonic IIである。

Reiの使用ギター②Fender Jazz Master

Rei – BLACK BANANA @ Rei Release Live“ORB”

個人的にReiといえばこのギター。シェルピンクのFender Jazzmaster(99年製)だ。Jazzmasterは合計で3本持っているというFender党な彼女だが、その鋭利な音が好みだという。Duo Sonicと同様に、何となくオルタナティブなギタリストが使っているイメージなのだが、そのギターを正統派ブルースの影響を受けた上で16ビートのカッティングを繰り出す彼女が使うということが、Reiのオリジナリティを形作っていると思う。

※類似色のジャズマスター

Reiの使用ギター③Rickenbacker 330

大きなボディに特徴のある青いRickenbacker 330。こちらも印象的なギターだ。ピックアップをカスタマイズし、太い音が出るようにしただけでなく、塗装も自らブルーのグラデーションに塗り替えたという一品。ジョン・レノンへの憧れから、10歳の時に地元のリサイクルショップにて購入した。彼女なりにカスタマイズされたギターだが、初期ビートルズライクなロックンロール調の曲(2:35~ “JUMP”)とマッチしている。

ブラックのリッケンバッカーを自ら塗り替えたとのこと

Reiの特徴的な機材 サムピック

"my mama" / "BLACK BANANA" | Rei
国際的なカンファレンス・TEDでの演奏も経験

ここまでの動画を見ていただくと、Reiがサムピックを使っていることに気づかれた方も多いのではないだろうか。一般的な三角形のピックではなく、親指にはめて使うサムピックは、人差し指で直接弾くという選択肢が取れるようになるため、ニュアンスが重要なブルースギタリストに愛用されることが多い。またReiは各指をピッキングで使い分けるクラシックギター出身のため、サムピックを使ったほうが自分の持ち味が活かせるという面もある。若手のギタリストで使用しているのは極めて珍しいが、だからこそサムピックという選択が彼女のオリジナリティに繋がっているのだろう。


Reiは新品よりもある程度摩耗したサムピックを好んでいるようだ。Dunlop製の白いサムピックが二つ置いてあるが、その他のメーカーのものもあるため、ニュアンスごとに使い分けているのだろうか。

Reiが影響を受けたJohnny Winterのプレイ

Johnny Winter – Good Time Woman (Live)

Reiが影響を受けたブルースギタリスト、Johnny Winterのサムピックによるプレイも参考までに。やはり親指と人差し指、薬指を使い分け微細なニュアンスを表現している。彼は伝説的なブルースギタリストとして「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」にも選出されており、後のギタリストに与えた影響も大きい。

Reiの使用エフェクター エフェクトボードの画像

ボードの画像がこちら、ギターも今回この記事で取り上げたもの以外、たくさん所有しているようだ。目立つエフェクターを紹介していきたい。

Reiの使用エフェクター①Human Gear Fine DS

シンセサイザーの真下ぐらいにある黄色いエフェクターは、国産ブランドHumangear製のディストーションだろう。クリッピングの対象/非対称とプレゼンスを選択できる二つのスイッチがついているのが特徴的で、比較的モダンな歪みとのことだ。

Reiの使用エフェクター②Roger Mayer VooDoo-BOOST

黄色いHuman Gear Fine DSの次に接続されているのは、この黒いブースターだ。音質はそのままに音の太さを調整できるノブがついており、Reiがソロなどを弾く際に重宝されているようだ。同シリーズのVooDoo-Bassはベースエフェクターとして有名だが、こちらのブースターは既に販売されていないようで、中古品を探すのも難しい。

Reiの使用エフェクター③ BOSS CE-2 コーラス

後半に繋がれている空間系エフェクターに目を向けていくと、BOSSの名機・CE-2があることが分かる。上記のLive動画ではギターソロに入るタイミングでCE-2を踏み、コーラスエフェクトをかけていることが分かる(再生時間合わせ済みのため、そのまま再生ボタンをどうぞ)。トリップしそうなエキゾチックなサウンドだ。

Reiの使用エフェクター④ BOSS RV-3 デジタルリバーブ

また上記のコーラスの後には、こちらのリバーブが接続されている。現在はBOSS RV-6という後継機まで出ている定番リバーブの一つ

おわりに

Rei "What Do You Want?" – PLAYER'S CUT #3 –

個人的な意見としては、Reiのサウンドの根幹を成しているのは、彼女の鋭いピッキングだと思う。そのため、これだけギターを使い分けても、ある程度Reiらしい音が演奏されるのだろう。基礎的なリズム練習の積み重ねが作り上げたであろう彼女のスタイルを真似するためには、エフェクターなどと同時にピッキングを真似ていくのが近道であるように感じる。

ぜひ参考にしていただければ…!それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました