星野源に似すぎ!?the chef cooks meが研究熱心ですごい

星野源にめちゃくちゃ影響を受けたバンドがあること。皆さんご存知ですか?
スポンサーリンク

the chef cooks meとは

the chef cooks me(ザ・シェフ・クックス・ミー)は日本の2人組バンドである。

引用:Wikipedia

みなさんthe chef cooks meを聴いたことはありますか?アジカンのサポートで知られるsimoryoが在籍する2人組バンドです。

星野源に似ている

これは僕が勝手に思ってるだけかもしれないんですけど、星野源に似まくってる気がします。まずはアルバム『回転体』より「適当な闇」をお聞きください。

適当な闇 / the chef cooks me

裏声の使い方完璧に一緒じゃね?イントロのホーンのアレンジとか星野源が使いそうですよね!

歌詞の雰囲気も似てる

「適当な闇」というタイトルだったり、この落ち着くネクラ感。絶対に野球部じゃなかったんだろうなこの人、という安心感。星野源に通じるところがありませんか?

星野源 – 地獄でなぜ悪い【MV & Trailer】/ Gen Hoshino – WHY DON'T YOU PLAY IN HELL?

例えば「地獄でなぜ悪い」。

この感じ。救いが無いというのがまず前提にあるんですよねどっちも。闇からも地獄からも逃げられないという。

そもそも星野源ファン

先ほどの「適当な闇」「地獄でなぜ悪い」共に2013年の曲でした。

遡ること2年。2011年にsimoryoは星野源の2ndアルバム『エピソード』をその年のお気に入りとして挙げています。インタビューでこのように書いています。

星野源さんのエピソードは、星野さんが細野晴臣さんの「Hosono House」に強く影響を受けたような感覚で僕も影響を受けたのかなぁという気が勝手にしております。

引用:onlyindreams.com

つまりこの頃、モロに影響を受けたのです。「Hosono House」は星野源の音楽を語るうえで外せないほど、ルーツとして名前が挙げられているアルバムです。その星野源の発言を踏まえたうえで、このように言っているわけですから重要なルーツの一つと言ってよいでしょう。

星野源の音楽から影響を受けたとみられる曲は、この2011年以降からしか現れません。

3rdアルバムはアジカンのゴッチプロデュース

先ほどご紹介した「適当な闇」を含め、アルバム『回転体』はすべてゴッチのプロデュースです。

環状線は僕らをのせて / the chef cooks me

この曲にはヴォーカル参加もしているのですが、この曲はなぜかめちゃくちゃアジカンっぽいメロディーですよね。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『新世紀のラブソング』

というか「新世紀のラブソング」っぽい。ゴッチと星野源に影響を受けて、両者の良い所を取り入れたんでしょうね。こうして既存の音楽から影響を受けながら、日本人は新しい音楽を生み出してきたのです。

スポンサーリンク

変拍子の星野源

【ナショジオ 生きもの地球大紀行】タイアップソング『♪流転する世界』/the chef cooks me
公式のはずなのにやたら安っぽい編集

この曲は同じ『回転体』の「流転する世界」という曲なのですが、変拍子の展開が入ってきてかなり面白いです。ポップスを自分の中で解釈し、別ものとして昇華していることが分かりますよね。色々な影響元を挙げられるでしょうが、それも含めてこの組み合わせはかなりオリジナリティ溢れるものでしょう。

マリンバといえば星野源のイメージなのですよね!

SAKEROCK / Emerald Music [Music Video & Best Album Trailer] サケロック / エメラルドミュージック

※星野源は2000年から活動しているSAKEROCKというバンドでギターとマリンバを担当していました。

最も似すぎていた曲

まぁここまでは、the chef cooks meが星野源をリスペクトしていた、というよくある話なんです。しかし事件はその3年後、2016年に起こる…。

星野源が「恋」をリリース

星野源 – 恋【MV & Trailer】/ Gen Hoshino – Koi

星野源が2016年10月5日(水)にあの大ヒットシングル「恋」を発売します。そしてあの新垣結衣と共演した『逃げ恥』は10月11日が初放送でした。

この曲はWikipediaにも記載されているとおり…

曲中で使用された楽器についてストリングスやマリンバを挙げている。また、イントロには二胡が使われている。

引用:Wikipedia

いつものストリングスやマリンバに加えて、なんと中国の楽器である二胡が使われていることが特徴的です。それではこの時期のthe chef cooks meを見てみましょう。

スポンサーリンク

まさかの中国かぶり

最新世界心心相印(short ver.) / the chef cooks me

思いっきり中国やないかい!

中国を前面に押し出しています。間奏とか危険なくらい似ています。しかし発売は2016年の10月2日()。なんと星野源の「恋」を上回っています。ちなみに映像はポプテピピックで話題になったAC部。

サビが似すぎ

サビまで聞いてみてください。1:42~です。やりすぎ。メロディ前半70%ぐらい類似してますよね。

細かく分析すると

同じ調に変えて比較してみましょう。

恋のサビは「レミレミソ ミレドミレ  レミレドシラソ ラソドレ」

最新世界心心相印のサビは「ミレミラソミレド ドレミ ミレミドシラソミ レソミ」

音を文字にするとかなり違うように見えますよね。

ヨナ抜き音階

サビ前半の「レミレミソ ミレドミレ」も「ミレミラソミレド ドレミ」もヨナ抜き音階という音で作られています。日本では歌謡曲などで使われてきた音階なので、口ずさめるような親しみやすいメロディーが作れます。

それをサビの頭に入れることで、グッとアジアな親しみやすさが生まれるというわけです。しかしそれだけでは面白くないので、サビの後半で存在感のある1オクターブ上の「ド」とヨナ抜き音階に出てこない「シ」の音を入れるわけです。それが「ドシラソ」という下降していく流れで被っているために、似通って聴こえます。

つまりこの2曲、メロディーの考え方が同じなのです。しかしヒット曲「恋」よりも「最新世界心心相印」の方が数日早くリリースされた。それはどういうことなのでしょうか。

結論

the chef cooks meは星野源への尊敬のあまり、星野源を先回りしてしまった。

参考にした相手を上回るスピードで曲を作ってしまったわけですよ。こんな奇跡ありますか?これ邦楽史上に残る珍事件だと思うんです!愛もすごいし、小難しい星野源のコード進行なんかも自分のものにしてしまったシモリョーすごいですよね。この記事について感想も頂いてます!

ほなさいなら…。

超関連記事

星野源に似てるミュージシャンとその見分け方
君も星野源鑑定士になろう!そっくりさんの見分け方!

コメント

  1. 匿名 より:

    初めまして。コメント失礼いたします。
    最新世界という曲、私はくるりすぎる!と感じました。

  2. 匿名 より:

    ただの名誉棄損で草

タイトルとURLをコピーしました