ディスコ室町新企画、『どDEEP部』に行ってきました。

どDEEP部

ディスコ室町の新企画が京都で始まった。CLUB METROにて第1回が行われ、最近勢いのすごいTempalayや メシアと人人 Healthy Dynamite Clubが呼ばれた。どんな様子だったか報告します。

いたるところに「ど」

会場の至るところにディスコ室町特製の「ど」が貼られ、缶バッジも配られた。

そして会場に入るとDJ JORDANのナイスなビートが。彼は京都のシーンで活躍するDJなのですが、どうやらディスコ室町とは知り合いの様子。転換の間も退屈しないイベントだった。DEEPなアフロファンクが聴けたぜ。

メシアと人人

名前はよく見るけどライブは初めて、youtubeで事前に見ていった曲は結構ポップな感じで、いわゆるドリームポップってやつなのかなと思っていた。

違った。

めちゃめちゃ感情表現の激しいジャイアンみたいなGt.Vo.北山の出すノイズの波は、Dr.Vo.ナツコの鳴らすビートによって高められ、噴火。どこか切ない歌詞がエモい。銀杏ボーイズのエモい部分を凝縮したみたいだ。

こんな感じだった。彼らはぜひ一度ライブで見て欲しい。ビビるから。彼らならこのジャンルをやっているインディーズバンド達の星になれると思う。なにかにつけてお洒落な今のシーンに風穴を開けてくれ。

最近よく耳にするメシアと人人について。

Healthy Dynamite Club

恥ずかしながら今日このライブへ行くために予習するまで知らなかった。

最高だった。

大所帯を最大限に活かしたパーティー感。特にパーカッションがいい。みんな踊り狂っていた。

セトリは1.ヘルシーズのテーマ→2.Callin’ Up→3.シェイカーマン→4.PM7→5.ブギーナイツ

褒めてばかりいてもあれかもしれないが、全部最高だった。「ヘルシーズのテーマ」から健康的な彼らのファンクが溢れ出していたし、メロウな「Callin’ Up」で見事にライブのダイナミクスを作り出していた。Vo.サトリダイナマイトの美声は和製ブルーノ・マーズといったところか。「シェイカーマン」ではPer.ふるさと捨て夫扮するシェイカーマンが客席に飛び込みシェイカーを振りまくった。そして代表曲2曲のラッシュ。最高だった。

当分京都には来ないだろうな。呼んでくれてありがとうディスコ室町。

Tempalay

最近なにかと話題のTempalay。サポートメンバーを加えて4人でのライブだった。正直最初は京都のアウェー感に飲まれている感じがしたが、さすがフジロック出演を決めただけあって、すぐにバシっと合わせてきた。

けっこう音源と違うところが多くて、ライブはライブで良さがあった。特に最初の方の曲は、AメロBメロサビはタイトなのに間奏でいきなりヤク中になってサイケに浸かったり、おもしろい展開の曲が多かった。

そんでこれやっぱりええ曲やった。

踊る!ディスコ室町

新企画を始動させたディスコ室町。気合の入り方も違うのか1曲目の「嘘800」から最高の演奏を見せつけてきた。これが京都のシーンを支えるファンクバンドの力か。振り返ってみると今日の出演はここ2~3年で出来たバンドが多かった気がする。

そして2曲目はなんと新曲(!)しかもややファンクネス抑え目のゆったりと聴ける感じの曲。彼らは今までこんな曲をやっていただろうか。すごく良かった。この路線の曲もどんどん聴いてみたい。

「NEW CLASSIC DANCE NUMBER」からはゲストでホーンセクションが参加。

動画がinstaに上がっていた。

 

ちょうどこの時のようだった。同じメンバーだと思う。

今日の気合は凄かった。ほんとうにぶち上げていた。。。

踊らないベイベからのアンコールの流れは、ディスコ室町ここにあり!という感じだった。

おわりに

ディスコ室町Vo.ミキクワカドが言っていたように「京都でやるから意味が有る。」京都のシーンを盛り上げていく新たなイベントが生まれたことが素直に嬉しい。次回は9/10(日)、場所は同じくCLUB METROだそうだ。

京都在住の方は行っておいて損はない。

ええ写真 #どDEEP部

まこまこまこっちゃんさん(@mak_1410)がシェアした投稿 –


 

最近よく耳にするメシアと人人について。

最近京都のライブで「メシアと人人」というフレーズを目にする機会が多い気がします。ちょっとどんなバンドか調べてみよう。

ノイジー!ローファイ!この懐かしい感じなんだろう。

ギターとうた 北山敬将

ドラムとうた ナツコ

京都発男女2人組ドリームノイズポップ・バンド

出典:公式サイト

ほんで編成尖ってますね。こういうシューゲイザーから派生したようなドリームポップって大体4人ぐらいでやってるイメージなんですがライブではどうしてるんでしょう。ていうかなんで二人でやることになったんだろう。

ライブ映像を見てみよう

骨太すぎる。なんてことない純朴そうな二人組なのに、ビシビシ尖ってる。これ初めて銀杏ボーイズを見たときの衝撃に似てる。ていうかライブの方がかっこいいね。ポップよりロックが素敵。

この歌の感じとかローファイさとかひらくドア思い出す。彼らは結局、僕らの応援が足りなかったのか解散してしまったし、今度はちゃんとライブに行きたい。

ひらくドアがポップになったらこうなってたんだろうな、って感じの曲。あるいはN’夙川ボーイズか。とにかくこういう雰囲気懐かしい。

インディーの世界ですらこういう尖ったバンドよりもおしゃれなバンドが売れるようになってしまった。邦楽はどこに行こうとしてるんだろう。

良いライブするなぁ。