注目の若手Tempalayの活動を追う

最近人気のTempalay

GAPとコラボしたとかで一気に注目を集めているTempalay。邦楽では珍しくサイケをやってるバンドだ。

これがGAPとコラボした最新曲。突然の強烈なサイケ。ヤク中か。最近脱力系流行ってるような気がしますが、これは洋楽に近い気がする。なんだろうこの3人。ローファイなサウンドが渋すぎ。

アメリカへの眼差し?

アメリカがテーマだったのか、

1. New York City
2. Austin Town
3. ZOMBIE-SONG feat. REATMO
4. CHICAGO in the BED
5. San Francisco

引用:youtube

という風にやたらアメリカンな名前のアルバムを出しています。このアルバムは2017年。そして彼らは2016年にアメリカツアーを敢行しました。1st フルアルバムのタイトルも『from Japan』だったりして、憧れと挑戦意識の混じったアメリカへの眼差しが伺えます。

Tempalayの特徴

サプライズ的なことを何かしたいんですよ。“どこかでハッとする瞬間を作りたい”とは思っているんです

引用:FIGARO.jp

とはドラム藤本の言葉。確かにこの曲もイントロだったり2:50~の展開が予想外すぎる。ほんで最後の余韻よ。

とにかく勢いがある

これが2015年の曲。2014年結成ながら、Fuji Rock Festival “15の若手のステージ”ROOKIE A GO-GO”へ出演を果たした。

最初はダイナミクスがない感じが好きだったけど、最近はライブではダイナミクスは大事なぁと感じながら変えていってる感じです。

引用:FIGARO.jp

とあるように、これはダイナミクスを一定に保っていた頃の曲なのだろう。いやでも結成1年の音じゃない渋すぎる。そんな彼らが1年後の2016年には

こんなやばい音を出すようになっていたんですよ。どうなってるんだ。これが若手の力か。

”売れたい””変わったことをしたい”という強い思い

こいつらですらまだ売れてないのに、それに勝てないようじゃもう絶対無理だなって。それで色々な音楽を調べて、日本では誰でもやっていないものは何かっていうのを探し始めて、そこでサイケデリックな音楽に辿り着きました。

引用:spincoaster.com

自分らがどうしたら目立つかということを常に考えています。そして面白い音楽で売れたい!

引用:FIGARO.jp

まず誰もやってない音楽だから売れる!という考えがあってサイケを始めたらしい。でも今は周りのシーンが似たりよったりになっていることもなんだかなぁと思っているみたいで、面白いことをしていきたいという発想もあるそうな。こういうバンドどんどん増えていってほしいですね。

これなんてぱっと見たとき不安で仕方なかったですからね。わかりやすいパートあってよかった。

影響を受けたバンド

彼らが影響を受けたバンドとして挙げているのがUnknown Mortal Orchestra

3ピースでサイケやっててお手本になるようなバンドっていうのがなかなかいなくて、それでどうしようどうしようって悩んでる時期にUnknown Mortal Orchestraの「Ffunny Ffrends」っていう曲を聴いて衝撃を受けて

引用:spincoaster.com

確かに少ないですよね3ピースって。上記のsea side motelからは確かに同じもののエッセンスを感じます。

おわりに

新しいことをやっていこうっていう彼らの志向は、もっともっと邦楽シーンを活性化していって、一時期みたいに4つ打ちが溢れかえるのを防いだりしてくれそうで、すごく期待しています。