2017年はベースの年。超絶ベーシストのアルバム・リリースがぞくぞく登場。

2017年はベースの年かも知れない。

超絶ベーシストとして知られる

Nathan East, Squarepusher, Thundercatの3人が

アルバムを出したのだ。その技巧を見ていこう。

コンテンツ

  • グラミー賞受賞ベーシスト Nathan Eastのソロアルバム
  • 変態ベーシストSquarepusherの新プロジェクト
  • アメリカの超絶ベーシストThundercatの新アルバム
  • Tal Wilkenfeldのアルバムはいつ出るのか
  • 超絶スラップベーシストMarcus Millerの新曲
  • あの超速スラッパー Mark Kingも新プロジェクト
  • 一方その頃レッチリのFleaは

Nathan East

知らない人のために紹介。

Fourplayというスムースジャズバンドに所属し,

何度もグラミー賞にノミネートされている。

それだけでなくエリック・クラプトンや

ダフトパンクなどの著名アーティストにも

信頼されている。

Fourplayとしてはこんな感じ。

このベースがかっこよすぎて何回も聴いてしまう。

新アルバム『 Reverence』

Nathan Eastが新アルバムを1月にリリースした。

わかってたけどめちゃくちゃうまいな。この80年代感最高。

今回はこの他に驚いたこととして、

Earth Wind & Fireの3人を招いて

Earthの「Serpentine Fire」のカバーがあった。

しかもゲストでエリック・クラプトンとフィル・コリンズも参加。

あとNathan Eastの息子(16)が参加した曲があった。

ピアニストなのね。Nathan Eastは厳しい親なんだろうか。

優しそうだけど。

Squarepusher

ジャコ・パストゥリアスを尊敬していることで知られる

超うまいベーシスト。

彼の音楽はなんとも説明しづらいが、

ドラムンベースなどテクノに属する音楽を作る人だ。

緻密なのにやたらチープな打ち込みが初期の特徴、

その上に上手すぎる彼の生演奏ベースが重ねられる。

いやそれ生演奏でやる部分じゃないから、

と衝撃を受けた人も多いだろう。

2000年代に入ってからチープな機材には別れを告げ、

コンピュータを使っての作曲を開始した。

上記の曲以外にも

めちゃくちゃ美しい曲を書いていたり、

突然フリージャズに傾倒して、

あまりのわかりにくさにファンをビビらせたり、

ダークなノイズが飛び出す楽曲を書いて

さらにビビらせたりしてきた。

新プロジェクト「Shobaleader One」

Squarepusherの新プロジェクトが2016年に始動した。

Squarepusherと三人の地球外生命体によるバンド・Shobaleader One

引用:cinra.net

2010年に彼が構想したのは、最高のメンバーで、

生楽器で演奏して表現するということ、

その時のバンド名が「Shobaleader One」だった。

今回はそのプロジェクトを推し進めた形になる。

ショバリーダー・ワンは、

スクエアプッシャーの初期曲を演奏するバンド。

音の同期は一切なし。完全に人力で

引用:beatink.com

それにしたってうますぎる。

こんな高難度な曲が収録されたライブアルバムが

今年の3月に出された。そして4月には来日。

覆面バンドってかっこいいよね。

この人たちはいろいろイカれてるけど。

Squarepusherは新たな可能性に向けて動き始めた。

Thundercat

彼はアメリカのベーシストだ。

Kendrick Lamarがグラミー賞を受賞したのは記憶に新しい。

その曲でベースを弾いていたのが彼だ。

信頼は厚く、

Flying LotusやKamasi Washingtonのアルバムにも参加している。

こういう人。

新アルバム『Drunk』

なんとKendrick Lamar, Flying Lotus

Kamasi Washingtonも参加しているアルバムを

2月にリリースした。

人気者の成せる技だ。

あの「What a Fool Believes」を作った二人が参加。

心地よすぎて無限に聴ける。

もちろんここまで見てきたような、イカれてる超絶曲もある。

ぶっとんでるな。

さてアルバムリリース情報はここまでだ。

以下はその他のベーシストの近況について

書いてみた。駆け足でいく。

Tal Wilkenfeld

この人もメチャうまいよね。

新アルバム

クラウドファンディングでお金を集めきり、

新アルバムの制作を宣言したのが去年。

夏のリリースだったはずが、

どうやら遅れているらしい。

最近はヴォーカル曲を作り続けている彼女、

この曲は収録予定曲だ。

新アルバムもヴォーカルアルバムだと思われる。

Marcus Miller

あのMarcus Millerの新しいリリースもあった。

試聴してみてほしい。

強烈にパンチのある音が彼の流儀だ。

最近はデジタルリリースが続いている気がする。

Mark King

この煽り最高過ぎない?

彼も新プロジェクトを始めた。

ポリス(The Police)のスチュワート・コープランド(Stewart Copeland)、キング・クリムゾン(King Crimson)等のエイドリアン・ブリュー(Adrian Belew)、レベル42(Level 42)のマーク・キング(Mark King)、P.F.M.等のヴィットリオ・コスマによるスーパー・バンド、ギズモドローム(Gizmodrome)が始動。デビュー・アルバム『Gizmodrome』を海外で9月15日発売。

引用:amass.jp


凄すぎるメンバー。

こんな風に今年は(も?)

ベーシストのニュースが上半期だけでこんなにあった。

一方その頃レッチリのFleaは

BABYMETALのライブに出てたらしい。

攻め過ぎ。

情報求む

ちょっと自分がキャッチしきれてない情報があれば、

Twitterアカウントまでダイレクトメッセージで

書いていただけると助かります。

提供者の方のお名前と掲載致しますので、

ご希望のお名前もよろしければどうぞ。

それでは。

注目の若手Tempalayの活動を追う

最近人気のTempalay

GAPとコラボしたとかで一気に注目を集めているTempalay。邦楽では珍しくサイケをやってるバンドだ。

これがGAPとコラボした最新曲。突然の強烈なサイケ。ヤク中か。最近脱力系流行ってるような気がしますが、これは洋楽に近い気がする。なんだろうこの3人。ローファイなサウンドが渋すぎ。

アメリカへの眼差し?

アメリカがテーマだったのか、

1. New York City
2. Austin Town
3. ZOMBIE-SONG feat. REATMO
4. CHICAGO in the BED
5. San Francisco

引用:youtube

という風にやたらアメリカンな名前のアルバムを出しています。このアルバムは2017年。そして彼らは2016年にアメリカツアーを敢行しました。1st フルアルバムのタイトルも『from Japan』だったりして、憧れと挑戦意識の混じったアメリカへの眼差しが伺えます。

Tempalayの特徴

サプライズ的なことを何かしたいんですよ。“どこかでハッとする瞬間を作りたい”とは思っているんです

引用:FIGARO.jp

とはドラム藤本の言葉。確かにこの曲もイントロだったり2:50~の展開が予想外すぎる。ほんで最後の余韻よ。

とにかく勢いがある

これが2015年の曲。2014年結成ながら、Fuji Rock Festival “15の若手のステージ”ROOKIE A GO-GO”へ出演を果たした。

最初はダイナミクスがない感じが好きだったけど、最近はライブではダイナミクスは大事なぁと感じながら変えていってる感じです。

引用:FIGARO.jp

とあるように、これはダイナミクスを一定に保っていた頃の曲なのだろう。いやでも結成1年の音じゃない渋すぎる。そんな彼らが1年後の2016年には

こんなやばい音を出すようになっていたんですよ。どうなってるんだ。これが若手の力か。

”売れたい””変わったことをしたい”という強い思い

こいつらですらまだ売れてないのに、それに勝てないようじゃもう絶対無理だなって。それで色々な音楽を調べて、日本では誰でもやっていないものは何かっていうのを探し始めて、そこでサイケデリックな音楽に辿り着きました。

引用:spincoaster.com

自分らがどうしたら目立つかということを常に考えています。そして面白い音楽で売れたい!

引用:FIGARO.jp

まず誰もやってない音楽だから売れる!という考えがあってサイケを始めたらしい。でも今は周りのシーンが似たりよったりになっていることもなんだかなぁと思っているみたいで、面白いことをしていきたいという発想もあるそうな。こういうバンドどんどん増えていってほしいですね。

これなんてぱっと見たとき不安で仕方なかったですからね。わかりやすいパートあってよかった。

影響を受けたバンド

彼らが影響を受けたバンドとして挙げているのがUnknown Mortal Orchestra

3ピースでサイケやっててお手本になるようなバンドっていうのがなかなかいなくて、それでどうしようどうしようって悩んでる時期にUnknown Mortal Orchestraの「Ffunny Ffrends」っていう曲を聴いて衝撃を受けて

引用:spincoaster.com

確かに少ないですよね3ピースって。上記のsea side motelからは確かに同じもののエッセンスを感じます。

おわりに

新しいことをやっていこうっていう彼らの志向は、もっともっと邦楽シーンを活性化していって、一時期みたいに4つ打ちが溢れかえるのを防いだりしてくれそうで、すごく期待しています。

生楽器Hip-hop Ovallがちょうどいい。

Ovallというバンドを聴いたことがあるだろうか。

バンドで洒脱なヒップホップを演奏するスリーピースで、2013年に活動休止。聴いてみて欲しい曲がたくさんある。まずは1曲。

Shadows & Lights

どうだろうか。この必要以上に語らない感じ。気がついたら音の波に呑まれている。この絶妙な気持ちよさ。そしてドラムmabanuaの生み出す黒いビート。

ほんとに日本人か?となる。彼らが属するorigami PRODUCTIONSは渋谷から世界へ日本の音楽を届けることを目的に作られたレーベル。Ovallの3人が個人名義で積極的に活動する他に、最近話題のKan Sanoも属している。

Ovallの特徴は3人ともトラックを作れて、なんならミキシングからアートワークまで手がけてしまうところだろう。3人それぞれがクリエイターだからこそ優れた曲が産み出せて、だからこそ活動休止したのだと俺は思っている。2ndアルバム出すのに3年以上かかってるし。喧々諤々のアルバム制作だったのかな。

Take U to Somewhere

このビート。もはやずれてるのでは、となる黒さ。

ウィスパーボイスも結構好き。こんな感じで歌モノもあるが、

Mary (Flying Beats)

こんな感じのインストも半分くらい入っている。これがまたちょうどいい。夜に聴く感じの落ち着いたトラックが多い。この曲もサックスが絶妙。

Yura Yura

歌モノには誰かをゲストボーカルとして迎えたものも多い。その場合はヒップホップにこだわらず、ゲストの持ち味を活かせそうな曲を作るのも、この3人のいいところだと思う。

Hold You

例えばこれ、楽しそう。さかいゆうを活かすとこうなる。でもおしゃれですよね。万能か。

3人は別々の道へ。

もともとソロ活動の多かった3人だったので、活動休止後も3人とも精力的に活動しています。というかソロ活動に専念したいから休止したのかな。

drawing

上述のようにみんな万能なので、ドラムのmabanuaも一人でガンガン曲を作り、演奏します。かなり黒っぽいビートのエレクトロニカ。

Lotus Flower

ベースのShingo Suzukiもかなりいい感じのビートを発表したり、藤原さくらのアルバムに参加したり、環ROYに曲を提供したりといろいろやってます。

藤原さくらをサポート

これなんてovallの3人とKan Sanoですからねバックバンド。origami productionほぼ全員集合。

Gt.関口シンゴは?

プロデュース業での活動が多いみたいですね、例えばこれとか。

おわりに

origami PRODUCTIONSが日本のジャムであったりインストのシーンを支え、色々なジャンルを影から支えてる所があると思っています。彼らの活動をチェックしといて損はなさそう。追い続けたいと思います。

それでは良い夢を。

歌手としての夏木マリ

歌手としての夏木マリエロすぎ問題

シャンソンを聞くだろうか。「3分間の芝居」と言われるフランスの伝統的な歌唱スタイルだが、その演技とも歌とも取れる手法は人類を魅了してきた。なにがすごいってエロい。とにかくエロい。紅の豚で初めてシャンソンに触れたジブリキッズは多いと思う。

 

さて、夏木マリはご存知だと思う。なにかとドラマに出ているし、湯婆婆の声はきっと多くの人が耳にしただろう。最初は清純派アイドルとしてデビューした彼女だったが、すぐに歌手に転身し、ヒットを飛ばした

これがその曲だ。清純派だった頃の姿は見る影もない。きっとこっちの方が性に合っていたんだろうな。だってこの時21歳ですよ。既に十分エロい。しかし彼女に不幸が襲う。

各局の歌番組に続けて出演するなど多忙な日々を過ごすが、                低色素性貧血で3か月の入院を余儀なくされ、復帰した時には仕事が激減し、再びキャバレー回りの生活に逆戻りしてしまう

出典:wikipedia

 

せっかくヒットを飛ばしたのに、アイドル時代のような鳴かず飛ばずの日々に戻ってしまう。

しかしそれが彼女の転機になった。仕事先の客が舞台デビューしないかと誘ったのである。不遇の時代が、女優としての夏木マリへと繋がったのだ。なんてドラマチックな人生!

 

夏木マリのシャンソン

ピチカート・ファイブの小西康陽が舞台で活躍する夏木マリの演技力に目をつけ、アプローチし、実際にプロデュースしてシャンソンのアルバムを出している。

エロい。まだ青臭い少年たちにはわからないかもしれないがエロい。

これは演技か?歌か?きっと女優としてのキャリアが無ければ、ここまでの表現力はあり得なかったんじゃないかと思う。そして曲が良い。この人なんでも書けるなマジで。

これなんて港すぎる。曲だけでこんなに港町って表現できるのか。

自分自身であるマリーを演じる夏木マリ、こういう大人の女性って最近いないな、

どこいっちゃったんだろみんな。ヴェニスとかにいるのかな。

 

歌手としての道が開けた夏木マリ

小西康陽プロデュースは歌手としての夏木マリの知名度をグッと押し上げた。

そこからもコンスタントにプロデュースのアルバムを出している。

そして、彼の手を離れたリリースもある。

なんで小西の手を離れるとエロくなくなるんだろ。残念すぎる。AJICOのパクリみたいな。

CDリリースするにあたり夏木マリのもとに結集したのは、ベース:後藤次利氏、パーカッション:斉藤ノヴ氏、ギター:高中正義氏、ボーカル&ギター:仲井戸麗市氏、キーボード:ミッキー吉野氏、ドラム:村上”PONTA”秀一氏! !

引用:Amazon.co.jp

 

無駄に実力者が集まってるのも気になる。ギターがフュージョン界の至宝、高中正義ですよ。なんでなん。

これがさっきの曲と合わせてシングルだったんですが、1500人の女性がコーラスで参加しているそうな。いい歌だけど、俺が欲しいのはエロい夏木マリ。まぁ大人の女性からみんなのリーダーに役割が変わって行っているのかもしれませんね。

 

もはや曲名がエロい

シングルリリースを振り返ると「媚薬」「野性の女」「お手やわらかに」「裸の青春」「裸足の女王」「夏の夜明けは悲しいの」「もうかんにんして」

もうかんにんしてってフレーズ直接的すぎ。

これとか曲名やばくないですか。まぁ・・・

こんな曲も出してますが・・・エロいけどなぜゴリラ・・・

 

ちなみに最近の夏木マリは

こんな感じ。テレビで見かけてもこんな感じ。なんか往年のロックスターみたいになってません?

こういう方向で行くのはちょっと予想外だったな~

最新曲これですからね。このアルバムは電気グルーヴの石野卓球が書いた曲も収録されているんですが、曲名が「逆走BBA」。きっと夏木マリは時代に合わせて進化を続けているのでしょう。

ああいう女性はヴェニスに居るんじゃなくて、別の次元の何かに変わっていってるのかもしれませんね。「逆走BBA」夏木マリが出てくるまでに2分かかるんですが、そこまでのイントロ超かっこいいですよ。それではさようなら。