破天荒な大所帯バンドHealthy dynamite club

ブラックミュージックを基調としながら、時にはメロウ、時には激しく、なんでもありなサウンドに、熱い言葉を乗せて歌い上げる青春ソウルな7人組!人呼んで「健康爆音バンド」、
それがHealthy Dynamite Club!

引用:公式サイト

なんて?

器用

あ、売れそう。初めて聴いたときそう思った。器用に売れ線を押さえている。緩いながらもvo.サトリダイナマイトの力で熱い。非常に健康的だ。ええ声すぎる。サビの振付楽しいし。あと間奏かっこいい。

彼らは2015年結成の7人組。どうですこのパーティー感。まだまだ無名だけどなにかこう爆発する種みたいなものを持っている気がする。

上記2曲は最新作『Love EP』から。今一番売れ線のジャンルですが、なんかおしゃれさを犠牲にして熱さを追い求めてる感じが好感もてますよね。Your song is goodみたいな。MV両方踊り狂ってるし。

どこが器用なのか

2015年と2016年で異なる音楽性

これが2015年の映像。上述2曲は2016年末。かなり音楽性が変わりました。共通点は熱さ。彼らは熱さを表現するために時代に合わせて進化できるバンドです。今時こんなに歌詞を大切にしてるバンドも珍しい。僕は好きです。こんなんライブで見たら感動するわ。

同2015年『爆誕EP』から。これはわかりやすく邦ファンクですね。いやまずMVが田舎すぎ。どこここ。ああこういうパーカッションいるタイプのバンド流行らないかな。それが彼らだったらいいな。と思います。

clubってついてるバンドいっぱいあるけど大抵おしゃれ系やし、これで風穴開けてくれへんかなぁ・・・

最新MV

複雑なファンク。『He is NOT a vocalist He’s the Shaker Man』って書いてますが、確かにshaeker振りまくってますね・・・

健康がコンセプトの同バンドらしく踊れるナンバー。もはや時代錯誤なくらいのシンセはバブルへと私たちを誘います。

それではさようなら。

追記。

彼らについてライブレポートしました。
ライブレポート