星野源に似すぎじゃね!?the chef cooks meがやり過ぎな件

星野源にめちゃくちゃ似てるバンドがあること

皆さんご存知ですか?

sponsored link

the chef cooks meとは

the chef cooks me(ザ・シェフ・クックス・ミー)は日本の2人組バンドである。

引用:Wikipedia

みなさんthe chef cooks meを聴いたことはありますか?

アジカンのサポートで知られるsimoryoが在籍する2人組バンドです。

星野源に似ている

これは僕が勝手に思ってるだけかもしれないんですけど、星野源に似まくってる気がします。

まずはアルバム『回転体』より「適当な闇」をお聞きください。

裏声の使い方完璧に一緒じゃね?

イントロのホーンのアレンジとか星野源が使いそうですよね!

歌詞の雰囲気も似てる

運命ってなんだ?

希望ってどこにある?

抱えきれないテーマを前に

僕ら演じる なけなしの愛と

持って生まれた名前背負って

燦々と歩く 残酷な闇も

刹那的に 朗らかな顔して

僕ら生きる 有り余る闇とともに

どこまでも行こう

引用:適当な闇 / 作詞・作曲:下村亮介

「適当な闇」というタイトルだったり、この落ち着くネクラ感。

絶対に野球部じゃなかったんだろうなこの人、という安心感。

星野源に通じるところがありませんか?

例えば「地獄でなぜ悪い」。

無駄だ ここは元から 楽しい地獄だ

生まれ落ちた時から 出口はないんだ

引用:地獄でなぜ悪い / 作詞・作曲:星野源

この感じ。救いが無いというのがまず前提にあるんですよねどっちも。

闇からも地獄からも逃げられないという。

そもそも星野源ファン

先ほどの「適当な闇」「地獄でなぜ悪い」共に2013年の曲でした。

遡ること2年。2011年にsimoryoは星野源の2ndアルバム『エピソード』をその年のお気に入りとして挙げています。インタビューでこのように書いています。

星野源さんのエピソードは、星野さんが細野晴臣さんの「Hosono House」に強く影響を受けたような感覚で僕も影響を受けたのかなぁという気が勝手にしております。

引用:onlyindreams.com

つまりこの頃、モロに影響を受けたのです。

3rdアルバムはアジカンのゴッチプロデュース

先ほどご紹介した「適当な闇」を含め、アルバム『回転体』はすべてゴッチのプロデュースです。

この曲にはヴォーカル参加もしているのですが、この曲はなぜかめちゃくちゃアジカンっぽいメロディーですよね。

というか「新世紀のラブソング」っぽい

ゴッチと星野源に影響を受けて、無意識のうちに両者に近づいて行ったんでしょうね。

sponsored link

変拍子の星野源

公式のはずなのにやたら安っぽい編集。

この曲は同じ『回転体』の「流転する世界」という曲なのですが、変拍子の展開が入ってきてかなり面白いです。

ただストリングスやマリンバといえば星野源のイメージなので、またもや似てくるのですが…。

※星野源はSAKEROCKというバンドでギターとマリンバを担当していました。

最も似すぎていた曲

まぁここまでは、the chef cooks meが星野源をリスペクトしていた、というよくある話なんです。

しかし事件はその3年後、2016年に起こる…。

コメント

  1. It is not my first time to pay a visit this site, i am visiting this website dailly and get
    fastidious information from here everyday.